鎮痛薬の使い過ぎで起きる薬物乱用頭痛について知っておこう

健康・美容からあなたの生き方を好転

パートナーシップ・家族を守る

ホリスティック・ヘルス

薬剤師の宮本です。

前書き

頭痛・生理痛・関節痛・腰痛など、痛みを緩和するために鎮痛薬を使われた経験がある方が少なくないかと思います。

しかし、鎮痛薬を長期使用することによって、薬の使いすぎによる頭痛が起こることがあることをご存知でしょうか。

それを薬物乱用頭痛といいます。

その薬物乱用頭痛について、皆さんに知っていてほしいことをお伝えします。

薬物乱用頭痛とは

薬物乱用頭痛は、主に頭痛薬の飲み過ぎが原因で起こる頭痛です。頭痛のほとんどを占める片頭痛や緊張型頭痛に多く表れます。薬物乱用頭痛の予備軍の方の特徴は以下のような方々です。

  • 月に15日以上頭痛がある。
  • 頭痛薬を月に10日以上飲んでいる。
  • 朝起きたときから頭痛がする。
  • 頭痛薬が効かなくなってきた。
  • 薬を飲んだら、以前よりひどくなった。
  • 頭痛の程度、痛みの感じ方、場所が変化する。
  • 以前は月に数回、片頭痛があった。

薬物乱用頭痛の有病率と薬の違い

薬物乱用頭痛の有病率は、約1%と言われております。

頭痛の中では、緊張型頭痛、片頭痛に次いで3番目に多いです。

頭痛を主訴に神経内科を受診する患者の 5~10%が薬物乱用頭痛に該当するとの報告もあり、頭痛外来ではさらに多いと言われています。

男女比は 1:1.35 で女性に起こりやすいことがわかっています。

また、成人だけでなく小児や思春期においても見られますが、特に中年女性において罹患率が高い傾向にあります。

乱用の原因となる薬物は、NSAIDs等の鎮痛薬、エルゴタミン製剤、トリプタン製剤など主にが挙げられます。

最も多いのは市販の鎮痛薬を乱用しているケースですが、近年はトリプタン製剤の処方が増えていることに伴い、トリプタンによる薬物乱用頭痛の発症も報告されています。

また、トリプタン製剤については今年のスイッチOTC薬の対象となっているためより注意が必要になっていきます。
【薬物乱用頭痛に至る平均投与回数、時間 】

  • トリプタン            18回/月 1.7年
  • エルゴタミン製剤   37回/月 2.7年
  • 鎮痛剤(NSAIDs等) 114回/月 4.8年

製剤別にみると、トリプタン製剤はエルゴタミン製剤や鎮痛薬に比べて、より少ない服薬回数で薬物乱用頭痛になる傾向があるとの報告があります。
また一方で、起因薬物を中止した後に2~10日間続くとされる反跳頭痛は、他剤に比べトリプタンによる薬物乱用頭痛で早く消失する傾向にあると言われています。
いずれにしても、急性期治療薬の服薬回数が頻回にならないよう(10回以内/月)、適切にコントロールし、薬物乱用頭痛に陥らないようにすることが重要です。

【薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)(MOH)の診断基準 】

以前から頭痛疾患をもつ患者において、頭痛は 1ヵ月に15日以上存在する
1種類以上の急性期または対症的頭痛治療薬を 3ヵ月を超えて定期的に乱用している、ほかに最適な ICHD-3 の診断がない
エルゴタミン乱用頭痛

3ヵ月を超えて、1ヵ月に10日以上、定期的にエルゴタミンを摂取している

トリプタン乱用頭痛

3ヵ月を超えて、1ヵ月に10日以上、定期的に 1つ以上のトリプタンを摂取している(剤形は問わない)

単純鎮痛薬乱用頭痛

3ヵ月を超えて、1ヵ月に15日以上、単一の鎮痛薬を摂取している

オピオイド乱用頭痛

3ヵ月を超えて、1ヵ月に10日以上、定期的に 1つ以上のオピオイドを摂取している

複合鎮痛薬乱用頭痛

3ヵ月を超えて、1ヵ月に10日以上、定期的に 1つ以上の複合鎮痛薬を摂取している

メカニズムと治療法

ひどい頭痛をいくどか経験すると、頭痛への不安から鎮痛薬を予防的に服用するようになります。

これにより、飲む回数や量が増えていき、次第に脳が痛みに敏感になり頭痛の回数が増えていきます。

最終的には、薬も効きにくくなってくるという悪循環に陥ってしまうのです。

治療法は、薬を2ヵ月間中止すること以外にございません。

中止の反動で激しい頭痛や吐き気、嘔吐などが起こることがあるので、予防薬や原因薬剤以外の治療薬で対処しながら様子を見ましょう。

最初の1~2週間はつらいですが、次第にもとの頭痛の症状に戻っていきます。

未然に防ぐためには

もし皆さんが、頭痛多いと感じるのであれば、頭痛ダイアリーを日ごろから付けておくことをオススメします。

頭痛の程度や痛みの症状、服用した薬、その時の食事や行っていたことなどを日記のように記録しましょう。

そこから、客観的に自分の頭痛の傾向を知ることができるようになります。

頭痛で受診する際の参考にもなります。

頭痛以外の理由で鎮痛薬を服用したときにも、薬物乱用頭痛が起こる可能性はゼロではありません。

薬の飲み過ぎには注意し、頭痛が長く続くようであれば、脳の血管の病気の可能性もあります。

病院を受診することも視野に入れておきましょう。

そして、どんな薬にも副作用のリスクがあることを忘れないように上手に使いましょう。

講座案内

6/12(月)薬屋さんのちょっと変わったワクチンセミナー
6/24(土)薬に頼らない体・心の健康と生き方

メニューの講座案内のフォームに詳細・申し込みできますよ↑

LINE@やってます。登録でセミナーの割引や裏情報配信中!
友だち追加

アフィリ1
スポンサーリンク
アフィリ2
アフィリ2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アフィリ2