「予防接種オンラインサミット」専門家・視聴者として感じたこと

健康・美容からあなたの生き方を好転

パートナーシップ・家族を守る

ホリスティック・ヘルス

薬剤師の宮本です。

前書き

「予防接種オンラインサミット」全10回の放送が終了いたしました

皆さんは、それぞれの専門家からどんなヒントを得られましたでしょうか

また、それぞれの専門家からお子さんのために、ワクチンよりも大切にしてほしいことを教わった方も多いかもしれませんね

今回は専門家として参加した立場と視聴者としての立場で私なりに感想を書かせていただきます

薬剤師として

今回、皆さんもご存知のとおり

私は薬剤師としてオンラインサミットに参加させていただきました

私は病院の薬剤部に配属されてから最初の約1年間、注射の部署に配属されました

そこでは、もちろんワクチンもありました

大きな病院にいたので、在庫の管理などでほとんどのワクチンに触れたことがあります

ただ、薬剤部では誰にこのワクチンが打たれるのか薬剤師の誰一人として分かりません

内科へ必要な○○ワクチンをそのまま届けるみたいな感じのことが仕事でした

それがいつの間にか私が薬学部を卒業して2,3年くらいで

赤ちゃんに打つ回数が増えていることを知り

気がついたら同時接種するようになり

今年度に入り、さすがにおかしいと思ってブログを書きました

【2017年度版】予防接種について考えよう!あなたの子供のことだから

このときのブログは、ワクチンを打つことを決めた人たちが少しでも害が少なくなるようにと思って書かせていただきました

それまでは私の中では、「ワクチン=できたら触れたくない分野」でもありました

しかし、今回のオンラインサミット参加で私なりに勉強をして動画を配信する形になりました

この時も

ワクチン打つも正解

打たないも正解

選んで打つも正解

だと思っていたので、打つ人が悲しまない選択をしてほしい思いで

同時接種・子供の免疫構築・ブースター効果についてお話ししました

その後、初のセミナーでは上記の内容に加えて

ワクチンの基礎的な法律・ワクチンの持続性の話・添付文書を見て添加物を調べてみるなども行いました

再度お伝えしますが

『打つことを決めた両親が少しでも不安でなくなる

少しでも危険を回避できるようなワクチンの打ち方を伝える』

それが私のブログ・配信動画・セミナーのテーマでした

0歳は見送って成長してからでもいいんじゃないか

この時はそう思っていたのです

1人の視聴者として

「予防接種オンラインサミット」が始まると先輩方の新しい生命を大切にしたい思い・愛を感じる配信が多く私は嬉しくなりました

そして、先輩方にしか知らないこともたくさんありました

そんな話を聞き終わった時に私は少し考え方が変わりました

「ワクチンはもう時代に合ってないんだな・・・」

「もしかすると法改正しなければいけないレベルなんじゃないか」

「そんなものを過密スケジュールで受ける意味は本当にないな」

「国や製薬会社のやりとりが見えるとしか言えないな」

そうしたら、あの当時触っていたワクチンが何のために届けていたんだろうかと思うようになりました

「薬剤師っていったい何者?」

「薬のプロなのにこんなことも知らないのか」

益々分からなくなってしまいました

無力感が増すばかり

まとめ

今回は、デューラン・ゆかり先生が主催で、私が以前から尊敬していた先輩方とも共演でき大変嬉しい機会をいただきました

この配信を見て皆さんなりに固まった考えがあるのではないでしょうか

それを相手に押し付けることはやめてくださいね

それをするのであれば

「こんな動画配信あったから見てからでもいいんじゃない?」

これが大人の対応だと私は思います

そして、こういう問題に頭を使うのも大切ですが

一番は目の前にいる大切にしたい命とどんな時間を過ごしていくかだと思います

専門家の中には現在、お子さんがいる方もいらっしゃいました

そんな方達から学んだ大切なことは是非、育児にも活用してあげてください

そして、私は動画ではその点は触れていなかったと思いますが

結婚の予定がない私から言えることは・・・

スキンシップだけは毎日してあげてください

それが赤ちゃんと会話することです

スキンシップがないのは会話していないのと同じですよ

もっと赤ちゃんを見てあげてください

そして、私なりのワクチンの捉え方のまとめです

ワクチンはいつでも接種できる

定期接種はタダの期間なだけ

ワクチンは感染を防ぐものではありません

ワクチンは感染症を軽くするかもしれません

しかし、それができるためには子供の日々の健康管理ができていないとワクチンを打っても免疫が機能しなくて安心できません

子供の健康を考え、実行できる親になってほしい

それは、家庭の健康管理にもつながること

そのスタートはやはり女性が自分を大切にすることからはじまる

基本的な健康管理がまずは大切なことです

それができる人を少しずつ増えていけば幸いです

LINE@やってます。登録でセミナーの割引や裏情報配信中!
友だち追加

アフィリ1
スポンサーリンク
アフィリ2
アフィリ2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アフィリ2