女性は若いときにがんになりやすいのを、エストロゲンとの関連性から考察してみた

健康・美容からあなたの生き方を好転

パートナーシップ・家族を守る

ホリスティック・ヘルス

薬剤師の宮本です。

前書き

乳がんの話題が再び挙がるようになりました

女性のとってはシンボルとも言える乳房

子宮も同じです

女性のシンボルのがんについて現在言われていることを少し見ていきましょう

女性は若いうちからがんになりやすい

全体のがん罹患率の男女比較でも若いうちからのがんのなりやすさは女性が高い傾向にあります

女性は、働き盛りの方ががんになりやすいデータが出ております

これは皆さんにとっても意外なデータだと思います

そしてこれって生殖適齢と相関性があるように感じました

そしてこのデータです

10代後半から子宮頸癌が一気に上昇

乳がんも20代から始まり3030代から急激に上昇します

つまり、働き盛りに乳房、子宮、卵巣のがんなる可能性が高くなっている

それが今の日本の女性のがんの現状なんです

時代で変化したエストロゲンとの関係

現代の女性とお婆ちゃん世代のエストロゲンとの関係性についての図です

昔は主産の回数が多かったこと、授乳育児によって無月経の期間が多く設けられていました

しかし、今は少子高齢化と言われたり、晩婚化の影響もあり

そもそも影響状態が良くなったりして生理のスタートも早まりました

それらが影響し合って女性ホルモンのエストロゲンに曝される期間が長くなってしまいました

女性性の主のホルモンががんの原因となってしまっていることに複雑な心境になります

現代は過剰エストロゲン環境

乳がんや子宮・卵巣に関係したがんの大半がエストロゲンと関係していると言われています

女性ホルモンのエストロゲンが何かしらの原因でホルモンバランスが乱れてしまったことで起きたり

子宮では経血の排泄不全、膣内の乾燥も原因となります

それらは、生理が28日周期で進行していない人に起きやすいともいえるでしょう

外部因子として

プラスチック類、ダイオキシン類に含まれる内分泌かく乱物質

大豆イソフラボンの過剰摂取

肉類に含まれるエストロゲン注射の体内残薬

その他で乳腺のような細胞分裂が盛んな体内への電磁波曝露

このような外部要因から守ることも今後は意識していかないといけないことになりそうです

もちろん、日々の生活を見直すことが最初にするべきことには変わりありません

5年・10年生存率から見えること

乳がんや子宮・卵巣のがんになってしまったら一生終わりかといったろそういうわけではありません

女性の乳癌の罹患率が1位でも早期発見をすれば5年生存率は他のがんに比べると長いのが分かります

また、そのさらに先の10年生存率も早期発見がなされれば高いのがわかります

女性らしさの鍵となるエストロゲンとの付き合い方とセルフケアをできていることが大切になってくるでしょう

生理との関係でエストロゲンによって脳と子宮の体内時計にずれが生じやすくなります

そんなときはいつもよりも長く8時間くらい、よく睡眠をとることも女性にとっては大切なことです

また、皮膚吸収も侮れません

化粧品もオーガニックやエシカルコスメのものを選ぶ

成分をしっかりと読めるようにしましょう

-参考記事-
30年で3倍に増えた乳がん。乳がんリスクを上げる「6つのリスク要因」と、乳がんになりにくい生活の送り方。

乳がんの症状をレモンで表した画像が話題に!そこから分かる本当に必要な情報とは!?

生理痛が当たり前だと思ってたら大間違い!実はもっと怖い病気が隠れていることも・・

LINE@やってます。登録でセミナーの割引や裏情報配信中!
友だち追加

メルマガ登録はこちらの画像をクリック↑

メルマガ配信は、毎日21時から30日間配信していきます。

日程変更12/23(土) 詳細は画像クリック↑

準備中の詳細は画像クリック↑

アフィリ1
スポンサーリンク
アフィリ2
アフィリ2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アフィリ2