【蟹座・蠍座・魚座】水のエレメントの特性と体と心の養生法とは

健康・美容からあなたの生き方を好転

パートナーシップ・家族を守る

ホリスティック・ヘルス

薬剤師の宮本です。

前書き

「楽しいこと大好き!たくさんの人に愛される恋人」感性で生きる風のエレメントチーム

「どんどん外の世界へ!心についた炎が原動力の冒険家」理性で生きる火のエレメントチーム

「すべては美しい世界へのために!繊細緻密な建設家」理性で生きる土のエレメントチーム

最後は、一番女性性が強く、ミステリアス、感性で生きている

「静かな何気ない日常を大切に生きたい!癒し系平和主義者」水のエレメントの蟹座・蠍座・魚座について

「医療占星術」で解き明かしていきます

※この内容は治療を確定するものではありません、また占星術師のような占い的要素はありませんので、古典ものに触れ合うための読み物として参照ください

前回に引きつづき自分の2つの星座を知ろう!

前回も書かせていただきました

太陽星座月星座知らない人は調べましょう→

女性は月星座も要チェック!!
(女性は陰陽論では月にあたることにも影響していると考えられる)

太陽星座が表の自分

月星座が裏の自分

まずは太陽星座基準で見ていきましょう

水のエレメント【蟹座・蠍座・魚座】

まずは、英字の印象、水の印象で考えていただきたいのですが

かわいらしい字体=女性性=感性=魔性=ミステリアス

みたいなワードや

いろんなところに流れていく水

形を変えたら固体(氷)にも液体(水)にも気体(水蒸気)にもなる

見せ方を変えることができる

テーマカラーは青色

こんな印象がわかるだけでも十分です

水は大地に浸み込むので土のエレメントと仲良し

逆に火のエレメントは打ち消し合う関係なので

どこかぎこちなさがある場合も・・・

水のエレメントの基本プロフィール
  • 気質:粘液質(冷・湿)
  • 臓器:肺(脳)
  • 元素:水
  • 1日の時間帯:夜
  • 四季:冬
  • 方向:北
  • 人生の段階:老年
  • テーマカラー:青、ターコイズブルー
  • 星座:蟹座・蠍座・魚座
  • 脈:深くて遅い柔らかくてなめらか(白鳥)

画家のアルチンボルドは四季と四大元素の2つの作品計8枚の絵でこの性質をよく表しています

左を向いているのが四大元素「水」ですべて海洋生物で出来上がった人と

左を向いているのが四季「冬」で大木でできた人です

人生の段階が老年期ということもあり、落ち着きの中に優しさを感じる印象がある人が多いかもしれません

太陽星座が蟹座・蠍座・魚座の皆さんで「ゆったりした自分の時間が取れない」「思ったことを吐き出す場所がない」と何か改善策を考えないといけません

特に、自分から感情表現をあまりしない人が多いので知らない間に苦しんでいることで、自分の世界に入りやすいので引きこもってしまうことも

またテーマカラーの青色、ターコイズブルーなどの近い色は、水のエレメントの力を強くしてくれると言われています

水のエレメントは冬の季節に当たりますので、エネルギーが増しすぎると冬に体調を崩す可能性もあります

ヴィヴァルディの「四季」の「冬」がヒーリングミュージックとなっている

水のエレメントのヒーリングミュージックは「冬」

水の気質:粘液質(冷・湿)について

ここからは水のエレメントの気質の粘液質について詳しく体のこと、心のこと、生活に注目してお伝えします

粘液質の体の特徴

丸顔であごがぽっちゃりしていてソフトな印象

鼻は小さく、きらきらと輝く表情豊かな大きな目をしています

体型はどっしりしていて肉つきがよく、肥満傾向が見られることも

筋肉は弱く、関節、血管、筋はほとんど目立たないか皮膚に隠れている

脚の肉つきが良いことが多く、女性は豊かなバストの持ち主

髪の毛は細めで、男性の場合、特に体毛が細くあまり濃くありません

皮膚は青白く、柔らかく、敏感肌であり、冷たくて湿っています

手と足はひんやりと湿っている

顔の形や目の形は親の遺伝の関係もあるので何とも言えないと思いますが

体つきは女性性が強いことから丸く・やわらかい体型になりやすい傾向にあります

水のエレメントは冷・湿という気質なので、もともと体温が低い傾向にあり(36度前半)、冷えやすい人も多いです

肌も冷えの影響から血色がそこまでよくないことも

粘液質の代謝力・生理機能

基本的には食欲がありますが過食することはあまりありません

乳製品を特に好み、炭水化物の多い料理や甘いものが好き

消化は遅くて活動的でなく、食後に眠気が襲われることが多い

料理が体に合わないとすぐに胃の調子が悪くなります

代謝も遅いので風邪など急性の病気が長引きやすい

水やその他の物質がすぐに蓄積するので、むくみや分泌液の蓄積が起きやすい

浮腫、むくみ、静脈瘤、胃の不調、甲状腺異能低下、肥満、感冒、気道の症状、脚のむくみ、セルライト、腎臓の不調がよく見られます

尿は量が多く、明るくて鈍い色をしている

ちゃんと形のある便ですが、柔らかく粘液が混じっている

汗は冷たくて湿っており、特に手足に汗をかきやすい、ちょっとでも動くとすぐに汗をかく

水のエレメントの人は、肉好きが多いように私は感じてます

ただ、肉は消化に時間が半日近くかかる場合があるので、ほどほどに質の良いものを食べて基本的には粗食の方が良いと考えられます

食事で調子が悪くなるものもできる限り控えるようにしましょう

粘液質のその他の特徴

睡眠は深くリラックスできるもので過眠傾向があり、ちょっとしたうたたねをします

睡眠の際に大きないびきをかくことも

見る夢は平和なテーマで、水のシンボルが重要な役割を果たすことがあります

思考パターンは、集中力があり、ゆっくりとしていて徹底的で、忍耐強く耐久力があり記憶力も優れている

コミュニケーションスタイルは、愛想が良くて寛大で温和ですので、外交官や平和を作り出すムードメーカーとして重要な役割を担う

水のエレメントもしっかり寝ることが最優先でしょうね

老年期ということもあり、落ち着いていて温厚で一緒にいるだけで癒される存在になる人も多いのではないでしょうか

また忍耐力が強く、愛想がいいので苦しいのを見せない傾向がありますので、自分でそこはコントロールしたり、相手にしっかりと伝えることもしていきましょう

粘液質の食養生

乳製品、特にクリームの食べ過ぎ

砂糖、炭水化物、特に小麦粉等の穀類の食べ過ぎ

冷たい料理や飲み物

体を冷やすような食材や調理法は体調がよくないときは避けましょう

粘液質特有の健康被害が起きた時には火のエレメントの食事をするようにと言われています

東洋医学の薬膳であげられる冬に旬になる魚類、甲殻類、芋類、塩辛いものがよいと考えられます

※参考図書の食材が日本の風土と合わないため詳細は控えます

粘液質のオススメ運動の傾向

ゆっくり過ごすことを好むのでスポーツとはあまり相容れない

活発な動きの中に受動的な動きが混じっているもの(ヨット、サーフィン、乗馬、水泳等)

ダンスやゆったりとしたハイキングにも適している

スポーツを継続させるようなモチベーションアップをしてもらえたり、励ましてもらうことが必要とします

定期的にスポーツをすると一番恩恵を受けやすい気質

基本的にアクティブではないので運動は苦手な方ですが、すれば一番体にいいことが起きやすい気質です

やり始めが面倒臭がりな所もあるので、誰かと一緒に体を動かすようなことをすれば継続できます

自己治癒力を高める植物(ハーブ・アロマなど)【水のエレメント】

チックウィード、レタス、キャベツ、クラリセージ、カモミールジャーマン、タイム、ヴァーベイン、フィーバーフュー、ローズ、ゼラニウム、マートル、ペパーミント、タイム、コリアンダー、クロモジ、パルマローザ、アンジェリカ、アイリス、イランイラン、セージ、バニラ、メリッサ、カルダモン、ジャスミン、スカルキャップ、スペアミント、タイム、ハイビスカス、パッションフラワー、ユーカリ、ラズベリーリーフ、リコリス、レディースマントル、レモンバームなど

粘液質の心理面

どっしりとしていて我慢強く、いつも冷静です

「ゆったり快適に」がモットーで人の話に耳を傾けて人の間を取り持つ才能があります

生まれながらの平和主義者で早急に決断を下すことはありません

内向的な観察力で、快適で平和なリラックス状態を作っていくことも大切であることを教えてくれる人たちです

感情面の才能

共感的な感情を持っており、本質的に穏やかで忍耐強い

安定していて、自分の目標をとても我慢強く追いかけます

自分の周りの人に共感的で、他の人に降りかかった悲劇的なことがあれば放っておけません

あまり熱狂的になることがなく、緊急を要するようなテーマや時間が差し迫っているときには、粘液質の人の優柔不断さは真に問題になります

できれば責任逃れして、責任を他者に仕向けつつ、自分自身はしつこく頑固に望みや思いを実現したいと要求します

土のエレメントもなのですが、時間をかけて取り組むチームなので急かされるのを嫌います

急かす方が逆に手間が増えるくらいに考えた方がいい

あまり自分が前に出でていうことを好まない傾向があります

悩んでいることがあれば水のエレメントの人に聞いてもらうと、老年期の的を射た答えをやんわりと返してくれそうです

生活態度

落ち着いていて思慮深く、明確な目標を持って人生を送る

平和を愛し、その場に癒しを与える人

賢明であり終始一貫して争いを避けます

管理能力で自分の目標を着実に細く長く追いかけます

目標達成にあたって最も抵抗が少ない最も簡単なやり方を見つけます

自分のモチベーションの低さを増長させやすく、自分がやるよりも誰かにさせることを好みます

ちょっとした失敗でも諦めて手を引く場合があります

外側の圧力をかけても、粘液質の人は全力で抵抗します

女性性が強いことで一緒にいるだけで癒される人もいれば、ミステリアスな魅力を持つ人もいます

また外からの圧力には逃げたくなるくらい嫌いです

人によっては怒ってると感じて遠ざかる水のエレメントもいます

社会性

目標に対して少しずつ足していくような思考回路(足し算思考)

人を和ませるタイプ

人付き合いは良好で、他の人を攻撃したり、侮辱するようなことはほとんどありません

快楽主義者で周りの人を喜びに誘うことができます

良い話し相手で、一定の距離を保って人を観察し、その人のことを研究して自分なりの判断を下します

自分の情熱を押し殺してしまうだけでなく、他の人の情熱も押し殺してしまい、最終的に足手まといになりやすいです

ゆったりとした態度が完全な無関心にまで発展するおそれも

あまり性急に判断を下すことができず、もし判断を下そうとすると自分の態度を完璧なまでに無慈悲に貫こうとします

批判的な言葉を受けようものならば皮肉で返します

〈水のエレメントが親になったとき〉

◆風の子供との対応(双子座・天秤座・水瓶座)

穏やかな家庭環境に居心地の良さを感じます。精神的な面でも癒してくれます。親が外的な刺激や興味が湧くことがないので、子供のために外で探してあげる必要があります。

◆火の子供との対応(牡羊座・獅子座・射手座)

カッとなりやすいのを親が落ち着つかせることができます。しかし、お互いに主観的なので、親が子供のした成果に興味がわかないと必ず子供が不満を言ってきます。親が怒っている状態に笑ったり、親をバカにしたりするようになり、子供の態度が悪くなるので注意が必要です。

◆土の子供との対応(牡牛座・乙女座・山羊座)

基本的に憶病で泣き虫なので抱きついてきます。それを親が毎度のことのように興味を示さなくなりやすいです。それはすべて自分の世界の平和のために余計な感情とは向き合わないようにするからです。子供の本質的な感情の部分をあまり理解できない傾向にあります。それ以外は、居心地のいい家庭なので子供にとっても落ち着いて過ごせます。

◆水の子供の対応(蟹座・蠍座・魚座)

落ち着いていられる環境を作れますが、多様性がないので1つの世界しか知らない状態になる傾向があります。親がいろんな世界を見せてあげたり、いろんな子供たちと接する機会を増やしてあげたりすることが大切です。

星座別の解説【健康】

ここからは水のエレメントの星座について細かく見ていきます

以前の特徴に加えて星座のポイントを知っていればもっと自分をよく知ることだけでなく

相手のことも深く理解できるようになります

蟹座「自分の世界を守る」

シュタイナーの12感覚:聴覚

キャッチフレーズ
「I feel(私は感じる)」 感受性が強く、傷つきやすい。

□自我・個性が特にない
□自分いる環境に順応しやすい
□聞き上手
□現実的・感覚的にとらえる
□世話好き
□自分の本音や本心は話さない
□自分のテリトリーに踏む込むと冷淡になる

蟹座は、体の部位では、胃腸・胸・膀胱・リンパ系・子宮を司っています。

感情的なストレスにすごく弱く、病気の大半の原因となります。

自分のテリトリーを持っているので、引越しは新たなテリトリーを作らないといけないと思うと、体と心が病んでしまう傾向にあります。

食べすぎ、疲労などが原因で、胃を悪くしやすく太りやすい体質で、肥満が病気を引き起こすこともあります。

ストレスを感じると食べることでストレス解消する傾向があり、高カロリー食、糖分の多い物をとりすぎたり、お酒が習慣だったりすることで、糖尿病、脂質異常症、痛風、脂肪肝などになる恐れがあります。

食べること以外でストレスを解消して、栄養のバランスに気をつけた食生活をしましょう。

体質は、風邪、腹痛、胃炎など小さな病気をする傾向があるので体調管理を心がけましょう。

物事を理性的に考えず、感情に流されやすいので、人に追い詰められるとヒステリックになることもあるので注意しましょう。

蟹座は、聴覚がキーワードで、音楽の音質機器があまり良くないと気分が悪くなる人もいるみたいです
耳に入る音や聞こえてくる言葉などを意識してみましょう

蠍座「感情の急激なアップダウンに注意」

シュタイナーの12感覚:生命感覚

キャッチフレーズ

「I desire(私は欲する)」 内面に深く激しいものを抱えている。

□強い探究心
□抜群の持久力、集中力
□一本の道を極める
□人と自分を比べない
□相手にどう思われてようと気にしない
□方向転換が非常に苦手
□人の意見や忠告を聞かない

蠍座は体の部位では、泌尿器、生殖器、肛門、鼻を司っています。

排泄機能は、蠍座に関係すると言われています。

極端に健康に意識が高いか、全く興味ないかのどちらかのことが多いです。

体質は強く、感染症にかかりやすいですが、回復力も抜群です。

風邪をひいても、休んだりせず、働きながら治してしまうというタイプです。

ただし、強いだけに無理をしやすく、体を限界まで酷使して大病を患う恐れもあります。

特に食べすぎ、カロリーのとりすぎ、お酒の飲みすぎに注意が必要です。

肥満しやすい体質で、太りすぎが病気の引き金になることもあります。

子供のころから太りやすい体質なので、親が食事の内容をきっちりチェックする必要があるでしょう。

精神面も強く、神経症とは無縁と言っていいくらいですが、すべてにおいて極端で強い喪失を伴う無力さ、挫折感などで精神的に深く落ち込むと、なかなか立ち直れず精神疾患になることもあります。

蠍座のキーワードは生命感覚、自分らしく生きることを選択しているかのように自分の人生を生きている感覚が大切になっていくようです

魚座「中毒と依存に注意」

シュタイナーの12感覚:味覚

キャッチフレーズ

「I believe(私は信じる)」 慈悲深く、奉仕的。

□美と愛を強く求める
□物事を感覚的に捉える
□直感力が鋭い
□柔軟で自分の価値観や生き方にこだわりがない、自分がない
□周囲の自然な成り行きに身をまかせて生きる
□基本的に傷つきたくないので喧嘩を避ける
□まわりの影響を受けやすい

魚座は、リンパ系、足を司っています。

精神的に弱いところがあり、物事を悲観的に考えやすく特に独暮らしをしていたりすると、悪い想像ばかり膨らんで、妄想にとりつかれることもあります。

五感に関係する不調が現れたり、中毒や依存症になりやすい傾向があります。

心の揺れをまぎらわすためにお酒に走り、アルコール依存症になったり、不眠が続いて、睡眠薬を常用し、それだけにとどまらず薬物中毒になる恐れがあります。

精神が肉体に影響を与えやすいことも特徴で、心の病が体にも病気を作ってしまい、さらに病気から逃げて、さらに心の病を深めるという悪循環になる場合もあります。

健康維持の方法として、薬やアルコールに依存することをやめてみる。

そして、なんでも話せる友人を持ち、心の状態を常に良い状態に保つこと、芸術や音楽で癒されるのも効果があります。

魚座のキーワードは味覚、体に取り入れるものを味覚的に判断していく傾向が強いようです

まとめ

水のエレメントの蟹座・蠍座・魚座について書かせていただきました

水のエレメントの粘液質は、温厚平和主義ですが、体の機能は火のエレメントのように活発ではありませんし、どちらかというとインドア派です

星座ごとの特徴も当てはまるものだけを選んでいただいて、そこから自分の健康や生活、思考を見直すヒントをえていただければと思います

今回も水のエレメントの方が近くにいる方は、その方のことを思い浮かべながら相手のことを理解してあげることに役立てていただければと思います

これですべてのエレメントが揃いました

決めつけも良くないのですが、まずは自分の健康管理をするときにヒントとなり意識や思考が変わると幸いです

※この内容は正規の占星術の課程を経ているわけではありませんので参考程度にご活用いただいて、ご自身の生活に役立つヒントにしてみてくださいませ

LINE@やってます。不定期配信中!
友だち追加

【参考文献】

アフィリ1
スポンサーリンク
アフィリ2
アフィリ2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アフィリ2