「 2017年11月 」一覧

東洋医学から診る自然との調和と自分の体質【セルフ・プロファイリング②】

東洋医学には主に8つの診断パターンがあるとされております 自分の体質を理解するのに役に立つツールとなっております 今の体質を知って これからどのように過ごしていけばいいのか、まずはチェックシートをつかって確認していきましょう その中で一番目立つ体質から見ていきましょう

紀元前から伝わる医学・薬学の祖の統計学「4体液病理学説」【セルフ・プロファイリング①】

伝統医学の基礎とも言えます「4体液病理学説」 ホリスティック医学のスタートのようなこの医学の基礎を築いたのが 医学の祖、薬学の祖と言われているヒポクラテスです そんなヒポクラテスの考えが後々、東洋医学やアーユルヴェーダへと少しずつ地形の環境、住む人たちの文化で変化を遂げてきました そんな「4体液病理学説」がどんなものだったのか簡単にではありますがご紹介いたします

【ホリスティック概論③】ホリスティック医学のと自分の達人を目指す「心・食・運動・休養」バランスとは

実は、今回の項目が一番皆さんに伝えたいと思っている項目です ホリスティックの三位一体「魂・心・体」 これを「生きがい・精神状態・体の不調」と考えたら すごく結びつくところがありました 生きがいが失われたときが、個人の終わりなんだと実感したのです それに少しでも気づける内容であれば幸いです

【ホリスティック概論②】「現代西洋医学」VS「ホリスティック医学」の健康観・病気観・治療観の違い

健康と病気という概念が実は意外と曖昧でもあるんです 風邪をひくのような分かりやすい体調不良があれば病気と言い 肩こりが少しあっても健康だと言う人もいる 人によっては、心が悲しむことがあってやる気が起きないことを、病気と言う人だっている 皆さんにとって「健康」って自分がどんな状態ですか? 「病気」ってどんな状態でしょうか? そんな2つの概念を「西洋医学」と「ホリスティック医学」で比べると、こんな違いがあるのです

【ホリスティック概論①】ホリスティック医学から紐解く「3レベルのホリスティック性」とは

少しずつではありますが、健康の意識、病気に対する考え方が変わり始めている印象があります 「心と体がつながっている」ということを実感し始める人も増えてきているようです そんな中で「ホリスティック」と呼ばれるワードも良く使われるようになりました 「ホリスティック医療」「ホリスティック医学」「ホリスティック療法」 などなど・・・ この「ホリスティック」の使い方は実は人によってまちまちなところがあります 今回は、私なりに目指す「ホリスティック」の考え方もご紹介させていただきながら、皆さんにとっての「ホリスティック」の理解がどこにあったのかを明確にしていただきたく、数回に分けてご紹介いたします

スポンサーリンク
アフィリ2
アフィリ2