『中国版ホリスティック医学』東洋医学の基本理論について

健康・美容からあなたの生き方を好転

パートナーシップ・家族を守る

ホリスティック・ヘルス

薬剤師の宮本です。

前書き

伝統医学の中に東洋医学が存在します

こちらもホリスティック医学の三位一体を重視した医学となっています

そんな東洋医学の理論について少しご紹介いたします

東洋医学とは

東洋医学の根底には、「生命力=自然治癒力」を高めることで「養生」につながり、病気未満の状態である「未病」の段階で予防し、自然と調和して心身ともに快適な毎日を生きることを大切にしております。これが現代の私たちに必要としている予防医学なのです。

未病は、体からのサイン、病気になる初期の状態を指します。中国医学の古典には、「上工治未病」(じょうこうちみびょう)という有名な言葉があります。「病気になる前に体が出しているサインを感じ取り、病を未然に防ぐことができる人こそが、最高の名医である」という意味です。漢方(東洋医学の1つの分野)を学ぶことは、自分で自分の心と体を管理し、病気にすらならない生活を送るための知恵を身につけることなのです。

東洋医学は、人間を1つの連動したシステムと見ます。心と体は繋がっているもので、全体のバランスを重要にします。そのため、病気や心身の不調を改善する時も、不調の一部だけ切り取って診るのではなく、心と体の全体を診ます。「病気を診ず、病人を診よ」を重視することで、同じ症状でも原因は人によって異なります。個人を診ることと、自ら能動的に病気や心身の不調に対して行動を起こすことが大切になるのです。漢方処方を飲んでいただくことに加えて、植物の根元に当たる運動・食事・休養を養うことで、健康な状態を維持できるのです。

東洋医学的養生

東洋医学的養生は「生命力=自然治癒力」を高める養生の考え方を大切にしています。真の健康とは、単に病気ではないというだけでなく、心も体も快適な毎日を生きることを意味します。そのため、養生は病気の手当てをしたり、予防したりすることだけではありません。常に前向きに自分の健康を捉えて、積極的に健康になろうとする姿勢が大事になってきます。自分の思いに反してしなければいけないことや、体に悪いと分かっていることがあったとしても、少しずつ減らして心と体が喜ぶことを1つずつ増やしていくことを大切にしましょう。

養生をするうえでは、人間も自然の一部であり、自然のリズムに逆らって暮らすことは、心と体の不調につながります。自然と調和し、自然に生きるということこそが大切なのです。

東洋医学理論

■「陰陽」

この世界は、あらゆる物事にはすべて「陰陽」の2面性が存在することでバランスを整えている考え方です。東洋思想が基盤となっている東洋医学をはじめ、食事療法のマクロビオティックでも用いられている考え方です。四季で例えると、春から夏にかけては「陽」のエネルギーが増していき、秋から冬にかけては「陰」のエネルギーが増していきます。自然界だけでなく私たちも陰陽のどちらかに偏りっぱなしになることなく、2つの性質がほどよく保たれていることが、私たちの穏やかな生活をするのに大切になります。陰陽バランスが乱れることは、私たちの身体と精神のバランスを崩すこととなり、それは次第に不調や病の原因となって表れてきます。

■「気血水」

東洋医学の基礎理論に「気血水」(きけつすい)という考え方があります。気血水は、私たちの身体の中を3つのエネルギーが相互に作用してバランスを取り合っている状態が一番いい状態とされています。気血水も陰陽のタイプ分けがされており、「気」が「陽」、「血・水」が「陰」になります。また、気は血・水ともにバランスをとっている関係、血・水は、陰の間で相互にバランスをとっている関係となります。特に、東洋医学では血・水に関連する不調は、気にも関係すると考えられております。つまり、血・水の乱れは気の乱れにもつながっていることが多いのです。「気血水」は漢方処方の診断時に主に用いられることが多いです。

気の作用

推動(すいどう)作用

血液やリンパ液、水分などの体の流れを促進したり、臓器の働きを活発にしたり、成長・発育に関わる作用。

温煦(おんく)作用

皮膚を保護して外からの侵入を防ぎ、体に入ってきた時には抵抗し排除する防御作用。体温を一定に保ち、熱をから全体に行き渡らせる。

気化作用

汗や尿の生成、物質を変化させる作用。

固摂作用

多汗・頻尿など多すぎる排泄などを抑える作用。

目には見えませんが、気と呼ばれる生命エネルギーを私たちの身体の中を巡っています。「元気」「勇気」「気合」など「気」の付く言葉は多く存在します。身体の機能を正常に保つ役割が強いため「病気=病は気から」と言われるように気が弱くなってしまうと、身体の機能に影響を与え不調や病気へと進行すると考えられています。

血の作用

東洋医学の「血」は、西洋医学の血液とは少し考え方が異なります。血液そのものを指す他に、全身に栄養や潤いを与えたり、血流をよくしたりする循環状態の意味も含んだ広い概念です。特に女性にとっては、血に関係する原因が不調に現れやすいのです。血には、全身に栄養分を与える滋養作用と精神を落ち着かせる寧生(ねいせい)作用があります。血と生命エネルギーの気は密接な関係があり、血の不調は気の不調を伴うことが多いのです。

 

水の作用

東洋医学では「水」(すい)のことを津液(しんえき)とも呼びます。水は、飲食物に含まれる水分を吸収して体に必要な形に変えて作られるもので、ただの水分とは少し違います。そのため、水分を補給することによって水が満たされるわけではないのです。水には、関節を滑らかに動かす作用、五液(汗・鼻水・涙・よだれ・つば)を生成する作用、体温調節する作用があります。水の不調の喉のつっかえ、息苦しさ、むくみは水の乱れが原因となっていることも多いのです。

■「陰陽五行説」

東洋医学で、陰陽五行説と呼ばれる理論があります。これは、自然界のものをすべて5つの要素「木・火・土・金・水」に分けたものです。これを知ることで、皆さんの体の反応を知ることができ、食事の効能で養生する薬膳の考え方の基礎を知ることができます。これらの要素は、お互いにバランスをとりながら機能しています。

自然界を5つの要素に分けた五行色体表を用いて、私たちの体の翻訳ができるようになりましょう。これ以降、「木・火・土・金・水」の順番でそれぞれの特徴を属性分けしてご紹介します。

五行色体表

五季 土用
(長夏)
五臓
五腑 小腸 大腸 膀胱
五官
五主 肌肉 皮膚
五液 涎(よだれ)
(鼻水)
五華 顔面 体毛
五悪 湿
五色
五志
五季

「春・夏・土用(長夏)・秋・冬」

季節は4つではなく、5つに分かれます。4つに分けて土用を季節の変わり目と考える理論もあります。

五臓

「肝・心・脾・肺・腎」

五臓は、私たちの生命活動に欠かせない臓器を指します。西洋医学の肝臓・心臓・脾臓・肺・腎臓とは少し意味合いが違います。そのため、東洋医学の考えでは少し別のものと知っておきましょう。

【五臓の役割と関連する不調】

全身の気や血の流れを調節します。また、血を貯蔵して全身の血量を調節します。

→頭痛、肩こり、眼精疲労、だるさ、イライラ、食欲不振、下痢など

五臓六腑を統括します。全身に血を巡らせて思考や意識などの精神活動を制御します。

→眠れない、血色が悪い、イライラ、耳鳴り、腰痛、めまい、発汗過多、動悸、息切れ、冷え(末端、全身)など

消化と吸収を行い、食べ物からの生命エネルギーを取り込んで、気・血・水の素を心と肺に送ります。

→倦怠感、無気力、食欲不振、口が乾燥する、冷え、腹痛、下痢、吐き気など

呼吸によって自然界の生命エネルギーを取り込み、水を全身に送ります。

→呼吸が弱い、喘息、感冒、乾燥(鼻・のど)、寝汗、顔が赤い、痰に血が混じる、悪寒、鼻水、息苦しい、痰が絡むなど

生命エネルギーを貯蔵して元気をもたらすほか、全身の水分代謝を調節します。呼吸にも関与します。

→発育の遅れ、生殖器の未発達、早期老化、難聴、老眼、足腰が弱くなる、便秘、尿失禁、全身冷え、むくみ、のぼせる、めまい、耳鳴り、だるさ、不眠、動悸など

思い当たる不調がございましたら、当てはまる臓器が弱っている証拠です。

これは五季ともつながりがあり、それぞれの臓器がその季節に起きやすい不調でもあります。

五腑

「胆・小腸・胃・大腸・膀胱」

五腑は、五臓の働きを補うもので、食べ物のように外から取り入れたものが来たときに働きます。こちらも、西洋医学のものとは少し別のものであることを知っておきましょう。

【五腑の役割】

:胆汁を貯蔵、排出して脾・胃の消化を助けます。

小腸:胃から送られて食事を必要なものと不要なものとを選別します。

:脾とともに飲食物の消化・吸収を行い、気を全身に送りだす源になります。

大腸:小腸から送られてきた不要物から水分を吸収し、肛門から大便を排泄します。

膀胱:肺・脾・腎の動きで全身を巡る水分を集めて排泄します。

五官

「目・舌・口・鼻・耳」

病気が現われやすい部位と言われており、これからあげる部位で症状がでた場合は、五臓が弱っている、不調が起きていることを意味します。養生をするときの指標になりますので、意識し生活を振り返ってみましょう。

【五官のサイン】

:肝は、血液の流れや質に関係することもあり、特に目の症状として現れやすいです。眼精疲労、ドライアイ、充血などの症状があるときは注意しましょう。

:「舌は心の苗」と言われており、舌の動きや色に現れやすいです。舌が赤いと心を酷使している(心拍数が多い、脈が速いなど)可能性があります。

:味覚がおかしいと感じたときには脾の不調を示します。

:呼吸することは、肺の機能と鼻と連動しているためできることです。そんな理由から、肺の不調は鼻に現れやすいのです。

:聴覚が衰え出すと、腎も衰えていることを指すため、高齢とともになりやすいです。

五主

「筋・脈・肌肉・皮膚・骨」

五主は、五臓から栄養を補う部分を指します。栄養が補えていないと、これらの部位で不調が起きると考えられています。

:肝に不調があると筋肉のけいれん、こむら返りを起こしやすくなります。

:心のめぐりが悪くなっているサインですので、心臓病や動脈硬化の可能性があります。

肌肉:脾により栄養を受け消化器系の機能を反映しています。そのため、やせ細り出すと脾の不調で食事から栄養が取れていない可能性があります。

:肺により、衛気や水の散布をうけ肺の機能を反映しています。乾燥肌のような肌荒れになりやすいです。

:腎より生じた髄により形成され、腎の機能を反映しています。血液以外の体液に関わるとして考えられ髄液、リンパ液なども関連するとされています。歯や骨がもろくなったりする可能性があります。

五液

「涙・汗・涎(よだれ)・涕(鼻水)・唾」

五臓が病んだ時に変化がある分泌液を指します。

【五液のサイン】

:涙が出やすくなると肝の不調のサインです。

:運動もしてないのに汗が流れると心の不調のサインです。

涎(よだれ):よだれがよく出ると脾の不調のサインです。

涕(鼻水):鼻水が出やすくなると肺の不調のサインです。

:口に唾液がたまりやすいときは、腎の不調のサインです。

五華

「爪・顔面・唇・体毛・髪」

不調が起きたときに、変調が現れやすい部位のことを指します。

:血液が流れていなく、質も悪いので爪がもろくなること症状がでます。

顔面:顔の艶や顔色が心の状態を現します。

:唇の両側が裂けることがあると脾の不調を現します。

体毛:体毛が濃くなったりすると肺の不調を現します。

:髪がきしむ、艶がなくなると腎の不調を現します。

五悪

「風・熱・湿・燥・寒」

五臓が嫌う外気を指し、これらの影響で不調を起こしやすくなると言われています。

また、かぜのことを皆さんは「風邪」と書きますが、これは春に起きる外気による邪を風邪(ふうじゃ)と言い、このときにでる症状をかぜと言っています。そのため、季節によってかぜには本当は違いがあるのです。

【季節ごとのかぜの特徴】

風邪:顔面などの上部に症状が現れやすく、急速に発病し患部が移動します。

→頭痛、鼻づまり、喉の痛み、まぶたのむくみ、めまいなど

熱邪:熱性のため、高熱や多汗、喉が乾きやすくなります。多汗により水・気を消耗するので脱力感を伴うこともあります。

→高熱、顔が赤い、多汗、喉の渇き、息切れ、脱力感など

湿邪:湿は、濁りと粘りの性質があり、体内に侵入して通り道を塞ぐ性質があります。

→下痢、頭が重い、尿が出にくい、胸がつっかえる、足のむくみ、倦怠感など

燥邪:肌や髪、口などの乾燥をもたらします。

→口・鼻の中・皮膚・髪の乾燥、乾いた咳、胸の痛みなど

寒邪:皮膚や呼吸器を弱らせて、寒気や手足の冷えが起きやすくなります。

→寒気、吐き気、下痢、腹痛、手足の冷え、頭痛、関節痛など

五色

「青・赤・黄・白・黒」

変調したときに肌に現われる色と言われることもあります。薬膳では五臓、季節ごとに取り入れてほしい食材の色を示します。

【薬膳の五色の意味】

:血液の質や流れに関係した不調に効果があります。(肝・春)

→小松菜・ホウレンソウ・にら・セリ・ネギ・キャベツ・水菜・ブルーベリーなど

:体液や心臓に関連した不調に赤い食材を食べるようにしましょう。(心・夏)

→スイカ・柿・トマト・にんじん・小豆など

:消化器に関連した不調に黄の食材を食べるようにしましょう。(脾・土用)

→かぼちゃ、ジャガイモ、サツマイモ、生姜、レモン、みかん、オレンジなど

:呼吸器や皮膚に関連した不調に白の食材を食べるようにしましょう。(肺・秋)

→大根、梨、れんこん、百合根など

:水の流れや下半身に関連した不調に黒の食材を食べるようにしましょう。(腎・冬)

→昆布などの海藻類、黒ごま、きのこ類など

五志

「怒・喜・思・憂・恐」

不調が起きたときの感情も心のサインとして知っておきましょう。

【心のサインからわかること】

:イライラした状態は、肝の不調を表します。

:大声で笑う、気が緩みやすくなっていると心の不調を表します。

:思い考えすぎると、気が固まり脾の不調を表します。

:悲しみ、憂いは気が失われて肺の不調を表します。

:恐れ、驚きは気を降下させ人の不調を表します。

五味

「酸・苦・甘・辛・鹹(しおからい)」

不調があるときに好む味、取り入れすべき味があります。これを覚えているだけでも食事を意味があるものに変えることができます。

:筋肉を引き締める作用、汗や尿などの過度な分泌を抑える作用

:体の熱を冷ます作用、排便促進作用

:滋養強壮、痛み止め、緊張を緩める作用

:滞っているものを発散させ、気血の流れを良くする作用

鹹(しおからい):かたいものをやわらかくする、便通を良くする作用

五声

「呼・笑・歌・哭(くう)・呻(しん)」

不調が起きたときに起きやすい声の状態を指します。

【特徴的な発声】

:人をむやみに呼ぶ、大きな声を出す。病気の訴えを強く主張する状態

:言語が無駄に多くなり、いつもは無口な人でも話し始めると多くなる状態

:鼻歌を歌い、いつも歌を口ずさみ、歌うように話しかける状態

:内向的な性格となり、単純な事に泣き易く、あるいは泣き事を言うようになる状態

:うなり声を出す、疲れやすく、あくびが出やすくなる状態

4体液病理学×東洋医学

【陰陽五行説分類】

東洋医学の陰陽五行説と4体液病理説を合わせると配置としては四季のパターンを優先したこちらが考えられます

しかし、陰陽五行説と4体液病理学説の細かい内容と一致させるようにすると以下のような陰陽五行説の5角形の図と4体液説の十字図が合わさるように私は感じます

※個人的検討ゆえに参考程度に

【気血水分類】

風のエレメント=気血水バランスよく多い=湿熱

火のエレメント=気が多く、血水は少ない=熱燥

土のエレメント=気血水がバランスよく少ない=燥寒

水のエレメント=気が少なく、血水が多い=湿寒

となり、4体液病理学説とも一致する印象があります

4体液病理学説の詳細

※こちらの内容は本講座のテキストの一部となります

LINE@やってます。不定期配信中!
友だち追加

薬屋さんの健康のリアルな話30

「薬屋さんの読めるようになる化粧品リスト」ダウンロードできます

メルマガ配信は、毎日21時から30日間配信していきます。

セミナー・イベント・お茶会スケジュール

アフィリ1
スポンサーリンク
アフィリ2
アフィリ2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アフィリ2