ジフテリア毒素の病気の現状からワクチンを考える

ジフテリア毒素のポイント

定期接種:トキソイド(4回:混合ワクチンとして)2018年

ジフテリア菌が発生させる毒素で細菌が死んでも毒素が残っていれば発症する

のどの痛み、全身の倦怠感、発熱、頸部リンパ節の腫れなど

ジフテリア毒素は、筋肉や神経のまひを引き起こし、腕や脚、眼球を動かしにくくさせ、心臓の筋肉に炎症を起こして不整脈や心不全を起こし死亡する場合もあります。

皮膚症状だけが表れる軽症のジフテリアもあり、主として成人に発症し、衛生状態の悪い環境で暮らす人々によく起こります。

参考
ジフテリア菌は、扁桃付近に粘り気のある灰色の偽膜を作り、気道が狭くなって呼吸困難を起こしたり、偽膜がはがれて気道をふさいで窒息死を起こしたりすることがあります。

【感染ルート】

人から人に感染し飛沫感染で潜伏期間は2~6日

各医療機関ではジフテリア患者に遭遇する機会が少なくなり、またジフテリア患者を診察した経験のある医師が殆どなくなり、適切な診断を早期に行うことが困難となっている。


引用:国立感染症研究センター ※2017年は、ジフテリアの患者はいませんでした

ワクチンについて

四種混合(DPT-IPV)
D:ジフテリア、P:百日咳、T:破傷風、IPV:ポリオ

『スクエアキッズ皮下注シリンジ』★添付文書ワクチン接種を受ける人へのガイド
『クアトロバック皮下注シリンジ』★添付文書ワクチン接種を受ける人へのガイド
『テトラビック皮下注シリンジ』★添付文書ワクチン接種を受ける人へのガイド

参考:三種混合(DPT)(ポリオ単独とのセットとして)

『沈降精製百日せきジフテリア破傷風
混合ワクチン「北里第一三共」』★
添付文書ワクチン接種を受ける人へのガイド
『トリビック』★添付文書ワクチン接種を受ける人へのガイド
『沈降精製百日せきジフテリア破傷風
混合ワクチン「北里第一三共」シリンジ』★
添付文書ワクチン接種を受ける人へのガイド

参考:二種混合(DT)

『沈降ジフテリア破傷風混合
トキソイド「KMB」』
添付文書ワクチン接種を受ける人へのガイド
『沈降ジフテリア破傷風混合
トキソイド「北里第一三共」』
添付文書ワクチン接種を受ける人へのガイド
『沈降ジフテリア破傷風混合
トキソイド「タケダ」』
添付文書ワクチン接種を受ける人へのガイド
『DTビック』添付文書ワクチン接種を受ける人へのガイド

参考:単発ワクチン

『ジフトキ「ビケンF」』(成人用)添付文書ワクチン接種を受ける人へのガイド

※「ワクチン接種を受ける人へのガイド」は添付文書を一般向けに簡略化したものです
★定期・任意接種補助対象

〈比較報告〉

  • DPTの副反応の原因は、百日咳によるものと言われている。
    また、接種回数が増えるほど局所反応(発赤、腫脹、硬結など)が起きやすくなると言われている
  • DTの副反応は、純度が高いのでDPTよりも局所反応が低く、全身反応もまれ。
  • ジフテリア単独は副反応報告なし死亡例なし
  • 破傷風単独は副反応報告があるが死亡例なし
  • ポリオが不活化になったことで経口ワクチンによる副反応がなくなった
  • DPT-IPVの副反応報告・死亡例のほとんどが、他のワクチンの同時接種によるもの

ジフテリア毒素から守ることが目的として接種する

ワクチン防御期間:10年以上 

※The Immunisation Advisory Centreより和訳引用
※ブースターは45歳と65歳の成人におすすめ

まとめ

ジフテリアだけでなく、DPT-IPVとして他の感染症にも関係するものまで一覧にさせていただきました。破傷風もですが、生ワクチンや不活化ワクチンと比べてトキソイドは、打ったとしても増えることがないので、副反応も少ない印象です。また毒素の形が保たれているからかもしれませんが、防御期間が長い印象があります。ワクチン接種を安全に行う検討する際に参考にしていただければ幸いです。

他のワクチンに関係する内容はこちらの一覧へ

欲しい情報がすべて揃う!!「薬屋さんのワクチン手帖」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です