ワクチン・感染症に関係する法律の話

予防接種法について

1948年予防接種法が制定されました。

終戦は1945年ですのでそれから3年後に法律ができました。

その当時の予防接種対象疾患は以下になります。

痘瘡、ジフテリア、腸チフス、パラチフス、 発疹チフス、コレラ、百日咳、結核、ペスト、 猩紅熱、インフルエンザ、ワイル病 の12疾患

あまり馴染みのない感染症もあると思います。

そして、この当初は義務接種であり、接種しないと罰則がありました。

しかし、この罰則がなされることはありませんでした。理由は、終戦後の日本は皆さんもご存知の通り、辺り一面焼け野原だったり、衛生環境が最悪な状態です。感染防御が何よりも優先する医療でした。

しかし、法律もできて多くの方の感染を予防するためのワクチンに幾度か問題となる有害事象が出てくるようになりました。

これらの有害事象もあったことで、1976年に健康被害救済制度ができました。

この制度は、他の国にはないものです。その理由としましては、接種前に同意書にサインをしているからです。

「いかなる場合にも責任は医師ではなく、あなたにあることに同意しますか?」

のような内容が書かれているからです。

しかし、この救済制度は医師のサインが必要であったり、因果関係の調査をしたりする関係でなかなかすんなりと申請が通るものでもない現状があります。

その後、感染症の流行りも少しづつ変化したこともあって、1994年予防接種法改正となります。

予防接種を感染防御の点で2種類に分けたのです。

予防接種の種類「A類疾病」
ジフテリア・百日せき・急性灰白髄炎・麻しん・風しん・日本脳炎・破傷風・結核・Hib感染症・肺炎球菌感染症(小児がかかるものに限る。)・ヒトパピローマウイルス感染症
前各号に掲げる疾病のほか、人から人に伝染することによるその発生及びまん延を予防するため、又はかかった場合の病状の程度が重篤になり、若しくは重篤になるおそれがあることからその発生及び蔓延を予防するため特に予防接種を行う必要があると認められる疾病として政令で定める疾病

 

予防接種の種類「B類疾病」
インフルエンザ
前号に掲げる疾病のほか、個人の発病又はその重症化を防止し、併せてこれによりその蔓延の予防に資するため特に予防接種を行う必要があると認められる疾病として政令で定める疾病

A類が集団免疫、B類が個人免疫が必要なものとで分けたのです。

集団免疫は誰かが感染したときに「接種者によって感染の拡大・流行を最小限にする」ための免疫

個人免疫は流行を抑えることよりも「感染してしまったときに症状を最小限にして自分を守るため」の免疫

そのため個人免疫には、感染拡大を抑える意味での接種をしているわけではないのです。

法律が変わってからは、努力義務接種となり、罰則なしとなりました。

予防接種による被害が起きることを否定できないからです。

そのため、打つことを強制されたとしても、しっかりと「努力」した証拠を見せるようにして、「思考」したことを伝えることがワクチン接種を避けたり、回数を減らすことには必要なことなのです。

まだ新しい記憶として残っていると思います新型インフルエンザの時の集団免疫についての以下のデータを示します。

※引用:わが国におけるプレパンデミックワクチンの開発の現状と臨床研究-国立感染症研究所 感染症情報センター

基本再生産数の計算方法は「1回の接触当たりの感染確率」と「時間当たりの接触頻度」と「感染性を有する平均期間」を掛け合わせます。

この値が1より大きければ感染が拡大していき、小さければ流行が自然消滅することを表します。

例えば麻疹の場合、1回の接触当たりの感染確率は時期により変動しますが、発疹出現前の期間が最も強力であるとされています。基本再生産数が、16〜21ということで「1人感染した人に何かしらで接触する、近くにいるだけで16〜21人感染する」ことを意味してます。

 

感染症法

世界保健機構(WHO)が中心となって日本では1999(平成11)年4月1日より施行された「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」を感染症法と言います。私たちの健康被害になる感染症を感染力と重症度で分類し感染症発生動向調査(サーベイランス)を週単位から年単位で患者数を把握するようなものです。

重症度の高い感染症の種類によっては、個人が特定されその間の移動経路や滞在先までも把握されて大まかな流行調査が行われます。

皆さんの中ではインフルエンザにかかると

「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで」自宅待機して

医師の最終的な診断書がないと職場に戻れなかったり、学校に戻れないなんてことを経験された方もいらっしゃるかと思いますが、これがまさに感染症法による法律のルールなのです。

◆予防接種対象感染症のみに改編した感染症法の分類(登園停止になる感染症)

分類 分類詳細 感染症
二類感染症 感染力や罹患した場合の重篤性などに基づく 総合的な観点からみた危険性が高い感染症 急性灰白髄炎、結核、ジフテリア
五類感染症 国が感染症発生動向調査を行い、その結果に基づき必要な情報を国民や医療関係者などに提供・公開していくことによって、発生・拡大を防止すべき感染症 〈全数把握疾患〉

ウイルス性肝炎(E型肝炎及びA型肝炎を除く)
日本脳炎、髄膜炎菌性髄膜炎、先天性風しん症候群、破傷風、風しん、麻しん

 

〈定点把握疾患〉

水痘、百日咳、流行性耳下腺炎、インフルエンザ(鳥インフルエンザ及び新型インフルエンザ等感染症を除く)、細菌性髄膜炎(髄膜炎菌性髄膜炎はのぞく)

本来であれば以下の分類も存在します

一類感染症

感染力や罹患した場合の重篤性などに基づく総合的な観点からみた危険性が極めて高い感染症

 

三類感染症

感染力や罹患した場合の重篤性などに基づく 総合的な観点からみた危険性は高くないものの、特定の職業に就業することにより感染症の集団発生を起こしうる感染症

 

四類感染症

人から人への感染はほとんどないが、動物、飲食物などの物件を介して人に感染し、国民の健康に影響を与えるおそれのある感染症

感染症法の全感染症一覧はこちらへ

他のワクチンに関係する内容はこちらの一覧へ

欲しい情報がすべて揃う!!「薬屋さんのワクチン手帖」

ちょっとした相談やお悩み事がある方はLINE@で直接やり取りできます

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です