腸内フローラは、オーラルフローラが決める!口と腸の細菌の関係と違いについて

口腔内細菌と腸内細菌の関係

口腔には約 700 種、総数 90 億におよぶ細菌が住んでおり、口腔環境維持に働いている。これら共生細菌からなる デンタルプラークが、歯や歯肉溝内に過剰に蓄積すると細菌叢に変化が起こり、う蝕や歯周疾患の原因となると言われている。ヒトの腸内には約 1,000 種、100 兆個もの細菌が生息しているが、プラークは細菌が高密度に凝集し形成されるため、腸よりも遙かに狭い口腔内に腸管に匹敵する細菌が棲息していることになります。

この口腔ミクロバイオームを理解するには、口腔が歯や舌、そして頬粘膜・歯肉といった多様な組織から構成され、それぞれの部位で特徴ある細菌叢が形成されることを知る必要があります。口腔は唾液中の分泌型 IgA、歯肉溝浸出液中の IgG、ディフェンシンや酵素などの各種感染防御因子が機能しています。しかし、腸管で見られるような厚いムチンの粘液層は存在しないため、細菌は粘膜細胞表層に直接付着して私たちの体に良い影響も悪い影響も及ぼすことを意味します。特に盲囊状の歯肉溝内は、生涯にわたり「微生物と宿主の力関係」が顕著に現れます。

 

有機酸が口の中では悪く働くことも

デンタルプラークはさまざまな菌種が凝集し、多様で複雑な細菌叢を形成しています。初期プラークを構成するレンサ球菌はさまざまなバクテリオシンを産生し、病原細菌の発育や外来性細菌の定着を抑制します。プラークの蓄積と共に、プラーク内では初期プラーク形成細菌叢から後期プラーク形成菌叢へとの変化がみられますが、誘導物質や詳細な遷移機序は未だ 解明されていません。

有機酸の酪酸処理により初期プラーク主要構成菌 Streptococcus gordonii、Streptococcus mitis 等 の レンサ球菌群の顕著な発育抑制がみられました。多種類の細菌と共凝集しプラークの蓄積量を飛躍的に増加させる Actinomyces naeslundiiは酪酸添加により発育およ びバイオフィルム形成関連ストレスタンパク質 GrpE および GroEL の産生が促進され、in vitro におけるバイオフィルム形成が著しく増加した。これらの結果は,プラーク 内の嫌気性菌増殖により酪酸量が増加するとレンサ球菌群は排除され,A. naeslundii の増殖が促進され、その結果Actinomyces 属や Fusobacterium 属と強く共凝集する慢性歯周炎の原因菌P. gingivalis、P. intermedia、T. denticola などのプラーク内定着が促進され、病原性プラークが誘導されるものと言われています。
腸では免疫を活性する働きがある酪酸によって、プラークに関係する菌が抑えられるものもいれば、逆に増殖を後押ししてしまうものがいるということがわかりました

歯周病の発症に歯周組織局所における免疫応答の異常、特にサイトカイン産生の変化が深く関わっていると考えられ検討を行った結果、P. gingivalis、P. loescheii、F. nucleatum などの培養上清がT細胞およびB細胞の増殖を顕著に抑制することがわかりました。この抑制作用は短鎖脂肪酸によるもので、それぞれの菌が産生する主な短鎖脂肪酸は、P. gingivalis では酪酸とイソ吉草 酸、P. loescheii では酪酸・プロピオン酸とイソ吉草酸、F. nucleatum においては酪酸でした。発育抑制作用 は、プロピオン酸やイソ吉草酸にも認められたが、高濃度の酪酸が最も顕著であった。in vitro 実験の結果では,5 mM 酪酸で T 細胞,B 細胞の増殖が顕著に抑制された。正常な歯肉溝滲出液(GCF)中からは約 3 ~4 mM 程度,そして歯周病患者では約 13 mM と高濃度の酪酸が検出されました。
→口腔内の悪玉菌たちが産生した酪酸が免疫を抑えてしまって、逆に歯周病に関連した菌たちを増殖させやすくしてしまうことがわかりました

口腔内細菌では酪酸によってT細胞が自然消滅する

株化あるいは正常歯肉分離線維芽細胞は、高濃度酪酸処理によってもT細胞のアポトーシス(細胞の自然死)は誘導されず、添加酪 酸濃度依存的に IL – 6,IL – 8,IL – 11 の産生量が増加しました。しかし、歯周組織内ではT 細胞と線維芽細胞が近接する 像が観察されることから、線維芽細胞と T 細胞との相互作用を酪酸添加条件で接着する T 細胞の数の変化と生存率を検討しました。

その結果、酪酸非添加群にくらべ、添加群では接着細胞数が約 3 倍程度増加し、接着 T 細胞は高濃度酪酸を添加後もアポトーシスは見られず、ほぼ全て生存していました。一方,歯周病患者から分離した歯肉線維芽細胞は, 酪酸感受性が高く容易にアポトーシスが誘導された。これらの結果から、歯周病患者では組織内に浸潤した酪酸により線維芽細胞が破壊され、歯周組織のみならずT細胞のアポトーシス回避も困難となり、局所免疫応答の低下による病態の進行が促進されると考えられます。
→正常な歯茎の細胞では酪酸にさらされても何も起きませんが、歯周病になった歯茎の細胞は酪酸によって炎症に関係する免疫は抑えられても、逆に細菌たちが侵入しやすいような細胞破壊が進行してしまっていると考えられる(
リーキーマウス

 

腸内フローラ研究により,短鎖脂肪酸は生体にとって有益であることは広く知られており、腸内環 境維持のためのプロバイオティクスやプレバイオティ クス利用促進につながっている。しかし、高濃度の短鎖脂肪酸は殺菌作用を持つばかりでなく、組織細胞にさまざまな影響があることも知られている。歯周病研究で得られた一連の研究結果は,高濃度の酪酸が組織や微生物の病原性発現に関与するなどさまざまな為害作用があることを示している。

このような口腔と腸管とにおいて作用が異なる一因は、組織構造の差による可能性が考えらております。高濃度の短鎖脂肪酸が産生される下部消化管粘膜組織は、厚いムチン層で保護されている。しかし、口腔にムチン層はほとんど存在しないため直接口腔内の粘膜細胞に腸内よりも濃い短鎖脂肪酸がさらされる可能性があります。つまり、腸よりも口の中の方が濃い醋酸になりやすいということです。しかも、歯周病や虫歯の多い人ほど口の中は唾液が少なくなっている傾向があります。それによって、ますます濃い酸になる可能性があります。口の中は唾液によって中性〜アルカリ性であることが一番良い状態です。腸にとって良い作用のある有機酸が口の中で濃く分泌されては逆効果なのもわかる気がします。

このような酪酸の為害作用を回避するために、口腔においては専門的口腔ケアを行い、消化管においては正常な腸内細菌叢を維持する努力が、口腔疾患、内因感染症やメタボリックシンドロームを予防し,健康 長寿の維持につながると考えられます。

※日薬理誌(Folia Pharmacol. Jpn.)144,81~87(2014)

有害な口腔内細菌

【虫歯菌】

〇ストレプトコッカス・ミュータンス

ミュータンス菌は約1μmの球状の菌です。歯垢(プラーク)となって歯の表面に付着し、糖質から酸を作り出します。その酸が、歯の成分であるカルシウムやリンを溶かして歯をもろく、スカスカにしてしまいます。

【歯周病菌】

最も歯周病に影響のある3大歯周病菌(発症している人の約7割に感染)

〇プロフィロモナス・ジンジバリス

偏性嫌気性のグラム陰性桿菌です。他の歯周病原性グラム陰性菌とくっついて、ネバネバとした細菌の塊である“バイオフィルム”を形成します。強い付着力を持っており、強力に歯ぐきの周りの組織に付着・破壊します。そして細菌の内毒素により歯槽骨(歯を支えている顎の骨)を溶かします。

〇トレポネーマ・デンティコーラ

嫌気性のグラム陰性菌です。歯周ポケット内部に多く見られます。歯ぐきの細胞の隙間から、組織内に入り込み、さらには血管内に侵入します。そしてタンパク分解酵素によって、歯ぐきの周りの組織を破壊し、免疫機能を抑える事で、治癒を妨げます。

〇タンネレラ・フォーサイセンシス

嫌気性のグラム陰性菌です。なかなか通常の治療で治らない難治性の歯周病にみられます。また、歯ぐきの破壊の強い部分や、深部での活動性の高い病巣でみられる事も多いのが特徴です。T.d菌同様に、タンパク分解酵素を産生し、P.g菌同様に、内毒素を持ち酵素も産生します。

【若年性歯周炎に影響する歯周病菌】

〇アグリゲイティバクター・アクチノミセテムコミタンス

通性嫌気性のグラム陰性桿菌です。白血球の働きを低下させ、内毒素や「好中球」を破壊する「ロイコトキシン」という外毒素を産生します。歯ぐきの周りの組織内部に侵入し、急速に症状を悪化させます。通常歯周病は、30代後半以降に進行しますが、若年性歯周炎は、10代20代で発症する歯周病です。一旦発症すると急速に進行するのが特徴です。

【妊娠期の感染に注意するべき歯周病菌】

〇プレボテラ・インテルメディア

嫌気性グラム陰性桿菌です。一般的に誰の口の中にも存在する常在菌ですが、増殖すると、口腔内を不潔にし、歯周病を引き起こします、ホルモンバランスやつわりなどの影響で、妊娠期に増殖しやすいのが特徴です。

ちょっとした相談やお悩み事がある方はLINE@で直接やり取りできます

友だち追加 

薬屋さんの健康のリアルな話30

「薬屋さんの読めるようになる化粧品リスト」ダウンロードできます

メルマガ配信は、毎日21時から30日間配信していきます。

セミナー・イベント・お茶会スケジュール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です