炎症性腸疾患で大注目「クロストリジウム菌」は善玉?悪玉?

クロストリジウムという菌には多くの種類があり、皆さんにもこのようなことがあるという例として別に記事を用意いたしました。

『有用菌として』

100種類以上いると言われるクロストリジウム菌の仲間のうち、ある特定の17種類の細菌が集まると、アレルギーや自己免疫疾患を根本から抑える有機酸の中でも「酪酸」を盛んに放出することが、最新研究でわかってきました。これによって慶應義塾大学の本田賢也教授が発見した特別な免疫細胞「Tレグ(制御性T細胞)」が活性化することに注目しました。

通常、免疫細胞とは、病原菌やウイルスを見つけると攻撃してくれる役割を果たしますが、それが「暴走」して過剰に興奮すると、花粉や食べ物の成分など無害なものや、体の正常な細胞まで攻撃し、アレルギーや自己免疫疾患を引き起こすことが知られています。この「免疫の暴走」を抑えるブレーキ役が「Tレグ」と言われています。このTレグが、腸内細菌が出す酪酸の作用で、私たちの腸の中で生み活性化していることがわかりました。

しかし、この作用は1種類のクロストリジウム菌だけでも、酪酸を作り出すことはできますが、17種類が揃うとより能力が高まるとされています。この17種のクロストリジウム菌がどう関係しあっているのかは、まだ解明されておりません。

現在アメリカの大手製薬会社が、この17種類のクロストリジウム菌を使って免疫の暴走が招く病気の治療薬を開発する研究を進めています。まず治療のターゲットとしているのが、「潰瘍性大腸炎」や「クローン病」という、免疫細胞が暴走して腸の細胞を攻撃してしまう自己免疫疾患です。将来的には、その他の自己免疫疾患やさまざまなアレルギーの治療への応用も期待されています。

『有害菌として』

〇クロストリジウム・ディフィシル

クロストリジウム・ディフィシルは、新生児の約15~70%、健康な成人の相当な割合の腸内に正常なものとして生息しています。保菌者と呼ばれるこのような人たちは、この細菌をもっていますが、病気の徴候は何も示しません。保菌者がリスクのある人にこの感染症をうつすこともあります。さらに、この細菌は土壌、水、ペットに広くみられます。しっかり手を洗うことで人から人への感染が防げます。

抗菌薬を最近使用していない人では、クロストリジウム・ディフィシル感染症による大腸炎はまれにしか起こりません。手術(胃や腸の手術が典型的)のような肉体的ストレスの大きい出来事によって、同じように腸内細菌の種類と数のバランスが崩れたり、腸にもともと備わっている防御メカニズムが損なわれることがあり、その結果クロストリジウム・ディフィシル感染症や大腸炎が起こります。

まとめ

クロストリジウムという菌の大まかなグループだけを見ていては、良いものもあれば悪いものもあるということ。

実際その中でもどれがいいのかはまだ未知数な話となります。

菌の世界を見る際にはできる限り、フルネームで見るように心がけていきましょう。

ちょっとした相談やお悩み事がある方はLINE@で直接やり取りできます

友だち追加 

薬屋さんの健康のリアルな話30

「薬屋さんの読めるようになる化粧品リスト」ダウンロードできます

メルマガ配信は、毎日21時から30日間配信していきます。

セミナー・イベント・お茶会スケジュール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です