腸と肝臓はつながっている!腸の毒素が肝臓にダメージを与える理由とは

悪玉菌の腐敗でできる毒素

アミノ酸からの毒素

食生活の欧米化によって、赤身の肉や加工肉をたくさん食べるようになりました。食事の変化で消化に長い時間必要になりました。赤身の肉や加工肉を分解してできる「インドール」「スカトール」「アンモニア」「硫化水素」「メルカプタン」はオナラの主成分になり、口臭、体臭にも影響していきます。特にこれらの有害物質ができる過程は未消化な状態で悪玉菌による腐敗によって起きる反応で生成されます。そして、どれもタンパク質から分解されたアミノ酸が由来してできます。

胆汁酸からの毒素

他にも赤身の肉や加工肉は、肝臓から消化酵素の役割を果たす小腸へ大量の胆汁の分泌が必要になりました。このときに、牛肉や豚肉などの動物性脂肪の分解や吸収をするために、胆汁に含まれている物質が「一次胆汁酸」と呼ばれており「コール酸」「ケノデオキシコール酸」などが含まれています。小腸に分泌された一次胆汁酸の一部が「二次胆汁酸(水溶性)」として再利用されるために大腸に流れ込みます。そのときに、腸内細菌が酸化反応を起こして体に無害な形で戻ります。しかし、悪玉菌が優位な腸内環境では、悪玉菌により一次胆汁酸が「発癌性を持つ二次胆汁酸(脂溶性)」に変化します。悪玉菌由来の二次胆汁酸が毒素となり腸管粘膜にダメージを与えます。また、腸内から二次胆汁酸が肝臓の方へ戻される(腸肝循環)ことで、肝臓にもダメージを与えてしまいます。

この発癌性のある二次胆汁酸が、腸内環境をさらに悪化させたり、体のだるさや顔色の悪さなどの見えやすい症状にも影響したり、大腸ガン、肝臓ガンの原因になっていると言われています。

どんなに良いものを取り入れても、有害菌が多い腸内フローラでは逆に毒素をどんどん生み出すようになってしまいます。これからは食事と腸内環境はセットで考えた健康管理が大切になってくるかもしれません。

ちょっとした相談やお悩み事がある方はLINE@で直接やり取りできます

友だち追加 

薬屋さんの健康のリアルな話30

「薬屋さんの読めるようになる化粧品リスト」ダウンロードできます

メルマガ配信は、毎日21時から30日間配信していきます。

セミナー・イベント・お茶会スケジュール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です