紫外線に負けない美肌を手に入れる!ビタミンA(レチノール)のインナービューティー効果とは

ビタミンAの基礎知識

ビタミンAは、脂溶性ビタミンレチノイドとビタミン前駆体カロテノイド(プロビタミンA)に分類されます。

レチノイドは、動物が主な供給源となっており、肝臓、腎臓、卵、酪農製品などに多く含まれています。
レチナール、レチノール、レチノイン酸、酢酸レチノール、パルミチン酸レチノール、3-デヒドロレチノールなどがそれにあたります。
ビタミンAは、これらの成分を含む動物由来のものの総称として使われます。

プロビタミンAは、緑黄色野菜などに多く含まれております。
α、β、γ-カロテン、βクリプトキサンなどの総称として使われます。
体内で必要な分だけを代謝することで、プロビタミンAからビタミンAを作り出すことをしております。
プロビタミンAの中でも一番活性が強いのがβ-カロテンです。
(β-カロテンについては、プロビタミンAの記事でご紹介いたします)

※図引用:食と健康の総合サイト e840.net

体の中でビタミンAは、レチナール、レチノール、レチノイン酸の3種類が共存しています。特にレチノールが、ビタミンAの主な作用のすべてを有しており、他のレチナール、レチノイン酸は部分的な作用を有すると言われています。

ビタミンAの成分から見た役割

作用 成分
皮膚粘膜の機能維持 レチノール、レチノイン酸
免疫機能維持 レチノール、レチノイン酸
生殖機能維持 レチノール
網膜の機能維持 レチナール

 

さまざまな形のビタミンAは、腸管内でカイロミクロンと呼ばれるタンパク質と結合することでミセルを形成します。
その後、十二指腸粘膜細胞から吸収され、体内のビタミンA(レチノール)のほとんどは、レチニルエステルの形で肝臓と皮膚に貯蔵されます。

ビタミンA過剰の注意となるのが、レチノールの過剰摂取にならないようにすることで、女性は特に生殖機能を正常に保つことが大切になっていきます。

他にも麻疹での死亡率を下げたりする効果も報告されております。※(1)

ビタミンA欠乏症は、先進国では稀で発展途上国で多いです。
ドライアイや夜盲症または失明、皮膚疾患、麻疹などの感染症、下痢、肺疾患などの可能性があります。

レチナールとロドプシン(目が見えるに関係すること)

※図引用:光と色と

目の構造をお示ししましたが、私たちが見たものを脳で認識しているのは網膜の部分です。網膜には、桿体細胞錐体細胞が存在しており、それぞれ視覚認識の役割が以下の表のように異っています。

桿体細胞 暗い光にも反応するが色を識別できない
錐体細胞 明るい光にしか反応しないが色を識別できる

※図引用:[薬学がわかる]薬剤師国家試験の勉強方法!徹底解説!

網膜にある桿体細胞に含まれるロドプシンと呼ばれる物質がビタミンA(レチノール)と関係があります。レチノールは、亜鉛を触媒にした酵素で、レチナール(All-transレチナール)になります。この状態から更に酵素反応が進み11-cis-レチナールオプシンが結合することでロドプシンとなり、私たちが見たものを脳で認識できるようになります。

※図引用:光と色と

ロドプシンは夜に作られ、視覚から光の刺激が入るごとにロドプシンは分解されていき、11-cis-レチナール→All-transレチナールへと随時変化し、オプシンとの結合も分解されていきます。

ロドプシンは、常に再生と分解を繰り返すため、ビタミンAの補充は必要不可欠なものとなっていきます。特に私たちの生活では明るい画面を見る生活が長くなってきていますので、ロドプシンの分解は一層早くなっていると思われます。

再生を促す成分には、網膜のロドプシンの再生を促すアントシアニン、網膜の修復と水晶体の維持に欠かせないルテイン、アスタキサンチンも私たちの目の保護には役立っています。

また、視覚の光受容タンパク質ロドプシンの11-cis-レチナール→All-transレチナールへの変化が、別の研究では非視覚の光受容タンパク質ペロプシンによって、逆のAll-transレチナール→11-cis-レチナールへと変化するパターンがあることが報告されております。ペロプシンは「暗で活性、光で不活性化」というユニークな光受容タンパク質である可能性を見出しました。※(2)

※これからお示しする内容は、あくまで栄養補助を目的とした内容です。
使用量の推奨・安全性・効果を絶対的に保証するものではありません。
多くの方の学びとなるように、適正使用を促すように構成させていただいております。

 

安全性

ビタミンAの経口摂取、筋肉注射は1日10000IU未満であればほとんどの人で安全とされています。

高齢者・閉経後の女性 高用量のビタミンAで骨粗鬆症、股関節の骨折リスクを高めるおそれがあります。
多量のビタミンAを長期摂取した場合 疲労、過敏症、精神的変化、食欲不振、胃の不快感、吐き気、嘔吐、微熱、過度の発汗など深刻な副作用を起こすことがあります。
ビタミンAなど抗酸化サプリメントを併用による高用量摂取 逆に悪化する可能性があります。
アルコール 肝臓に対するビタミンAの悪影響が起こる可能性が高まります。
セリアック病、短腸症候群、黄疸、のう胞性線維症、膵疾患、肝硬変など
脂肪吸収に影響を与える疾患がある場合
ビタミンAが適切に吸収されないことがあります。
水溶性のビタミンA製剤の摂取を推奨されています。
高リポタンパク血症Ⅳ型
(高コレステロール血症の一種)
ビタミンA中毒を引き起こすおそれが高まります。
腸の感染症がある場合 体内で吸収されるビタミンAの量が減少する可能性があります。
ビタミンA過剰投与の場合 肝疾患の悪化する可能性があります。
タンパク質栄養不良の場合 ビタミンA摂取をすることで、体内のビタミンA過剰になるおそれがあります。
亜鉛欠乏症 ビタミンA欠乏症の症状を引き起こすおそれがあります。(V.A+Zn併用で治療)

妊娠中・授乳期

1日10000IUが推奨量となっております。
特に妊娠初期の3カ月はビタミンA総摂取量(またはレチノール)を気にすることが大切です。

使用量の目安

ビタミンAの推奨栄養所要量(RDA)は、レチノールとプロビタミンAのさまざまな生物活性に対応するためにレチノール活性当量(RAE)µgで表されています。

食品の場合(レチノール1 µgと当量) サプリメントの場合(レチノール1 µgと当量)
β-カロテン12 µg β-カロテン2 µg
α-カロテンまたは
β-クリプトキサンチン24 µg
IU換算表
1 IU レチノール 0.3 µg RAE
1 IU サプリメント由来β-カロテン 0.15 µg RAE
(レチノールの1/2)
1 IU食品由来β-カロテン 0.05 µg RAE
(レチノールの1/6)
1 IU α-カロテンまたは
β-クリプトキサンチン
0.025 µg RAE
(レチノールの約1/12.5)
IU換算について

青年および成人男性におけるRDAは、900 µg RAEとされております。
これをビタミンAの種類で分けて計算すると以下のようになります。

食品またはサプリメントのビタミンA(レチノール) 900µg RAE÷0.3 µg RAE(1 IU レチノール) =3000IU
サプリメント由来のβ-カロテン 900µg RAE÷0.15µg RAE (1 IU サプリメント由来β-カロテン)=6000IU
食品由来のβ-カロテン 900µg RAE÷0.05µg RAE (1 IU食品由来β-カロテン)=18000IU
食品由来のα-カロテンまたは

β-クリプトキサンチン

900µg RAE÷0.025µg RAE (1 IU α-カロテンまたはβ-クリプトキサンチン)=36000IU

食事、サプリメントとして取り方によって、またはビタミンAの種類によって含有量が異なります。

したがって900 µg RAEの場合、ビタミンA摂取量は

3000(レチノールだけの数値)
〜36000 IU(α-カロテンまたはβ-クリプトキサンチンだけの数値)

となるため摂取量の幅が広くなってしまうので知っておきましょう。

しっかりとサプリメントの成分の数値が、どのビタミンAを意味しているのかを理解したうえで成分含量を見る必要があります。

ビタミンAの推奨栄養所要量(RDA)
年齢 男性 女性
生後0〜6カ月齢* 400 µg RAE
(1333〜16000IU)
400 µg RAE
(1333〜16000IU)
7〜12カ月齢* 500 µg RAE
(1666〜20000IU)
500 µg RAE
(1666〜20000IU)
1〜3歳 300 µg RAE
(1000〜12000IU)
300 µg RAE
(1000〜12000IU)
4~8歳 400 µg RAE
(1333〜16000IU)
400 µg RAE
(1333〜16000IU)
9~13歳 600 µg RAE
(2000〜24000IU)
600 µg RAE
(2000〜24000IU)
14~18歳 900 µg RAE
(3000〜36000IU)
700 µg RAE
(2333〜28000IU)
19〜50歳 900 µg RAE
(3000〜36000IU)
700 µg RAE
(2333〜28000IU)
51歳〜 900 µg RAE
(3000〜36000IU)
700 µg RAE
(2333〜28000IU)

 

  妊婦 授乳婦
14~18歳 750 µg RAE
(2500〜30000IU)
1200 µg RAE
(4000〜48000IU)
19〜50歳 770 µg RAE
(2566〜30080IU)
1300 µg RAE
(4333〜52000IU)

*適正摂取量(AI)、健康な母乳栄養児におけるビタミンA平均摂取量に相当。

既成ビタミンA(レチノールとして)の許容上限摂取量(UL)
年齢 男性 女性 妊婦 授乳婦
0~12カ月齢 600 µg RAE
(2,000 IU)
600 µg RAE
(2,000 IU)
1~3歳 600 µg RAE
(2,000 IU)
600 µg RAE
(2,000 IU)
4~8歳 900 µg RAE
(3,000 IU)
900 µg RAE
(3,000 IU)
9~13歳 1,700 µg RAE
(5,667 IU)
1,700 µg RAE
(5,667 IU)
14~18歳 2,800 µg RAE
(9,333 IU)
2,800 µg RAE
(9,333 IU)
2,800 µg RAE
(9,333 IU)
2,800 µg RAE
(9,333 IU)
19歳~ 3,000 µg RAE
(10,000 IU)
3,000 µg RAE
(10,000 IU)
3,000 µg RAE
(10,000 IU)
3,000 µg RAE
(10,000 IU)

※注意
動物由来製品およびビタミンA成分がすべてレチノールまたはパルミチン酸レチニルなどのエステルとして配合されているサプリメントにのみ適用される表です。
ただし、多くのサプリメント(マルチビタミンなど)では、ビタミンAの成分すべてがレチノールやエステルの形(レチニルエステルまたは○○レチノール)で配合されているとは限りません。
ビタミンAの一部または全量がβ-カロテンやその他のプロビタミンAからなるサプリメントも存在します。
このような場合は、サプリメントに含まれるレチノールやレチニルエステルの割合を用いて、それぞれのビタミンA摂取量が許容上限摂取量(UL)を超えていないかどうかを判断する必要があります。

1日5回果物や野菜を摂取することで成人に対する1日当たりのRDAのおよそ50~65%に相当するビタミンAを摂取することができる記載もあります。

【補足】
食事摂取基準の指標の意味
全米アカデミー医学研究所(旧米国科学アカデミー)の食品栄養委員会(FNB)が作成した食事摂取基準(DRI)に規定されています。
DRIは健康な人の栄養素摂取の計画や評価に利用される基準値の総称です。

推奨栄養所要量(RDA) ほとんどすべての(97~98%)健常人が栄養所要量を満たすのに十分な平均1日摂取量
適正摂取量(AI) RDAを設定するためのエビデンスが不十分である場合に示され、十分な栄養が確保できると推定される値に設定されている
推定平均必要量(EAR) 健常者の50%において所要量を満たすと推定される平均1日摂取量。通常、個人ではなく、母集団の栄養摂取量の妥当性を評価するために使われる
許容上限摂取量(UL) 健康上の有害作用を引き起こすとは考えにくい最大1日摂取量

 

医薬品との相互作用

ワルファリンカリウム ワルファリンの血液凝固抑制作用と多量のビタミンAによる血液凝固抑制作用が相乗効果となる可能性があります
肝機能を損ねる可能性のある医薬品
(肝代謝型薬剤含め添付文書確認)
多量のビタミンA摂取によって肝臓の機能を害する可能性があります。
(レチノールが肝臓に蓄積されるため)
肝機能を損ねる可能性のある医薬品と併用でそのリスクは高まる可能性があります。
テトラサイクリン系抗菌薬 多量のビタミンAと抗菌薬の併用で、頭蓋内圧の亢進の副作用が高まる可能性があります。ビタミンA通常用量では問題は生じないと言われています。
皮膚科用薬(レチノイド) 内服と外用の併用となってビタミンAの作用・副作用が過剰になるおそれがあります。

 

ハーブ・健康食品・サプリメントなどの併用について

鉄とビタミンAの併用によってヘモグロビン値の改善がみられる報告があります。
脂肪の多い食品 ビタミンAは脂溶性ビタミンなので体内吸収率が上がります。

 

有効性

有効性が期待できる内容

病名・不調 詳細
ビタミンA欠乏症 タンパク欠乏、糖尿病、甲状腺機能亢進症、発熱、肝疾患、のう胞性線維症、無βリポタンパク血症(遺伝性疾患)などのビタミンA欠乏症の予防と治療に効果があります。
乳がん(家族歴を持つ閉経前の女性) 食品から高用量のビタミンA摂取で乳がん発症リスクを低下すると言われています。しかし、サプリメントでの同様の効果は明らかになっていないようです。
白内障 食品から高用量のビタミンA摂取で白内障リスクの低下の関連性が言われています。
HIV関連性下痢 HIV陽性の小児が、ビタミンA欠乏の場合のみ、治療薬と併用で下痢による死亡リスクが低下の可能性があります。
マラリア マラリアが一般的な地域に住む3歳未満の小児が、ビタミンA経口摂取によりマラリアが軽減する可能性があります。
麻疹 麻疹の合併症と死亡リスクが低下する可能性があります。
口腔内白板症 ビタミンAを摂取することで、口内の前がん性病変の治療に効果あることが示唆されています。
レーザー角膜切除術後の回復 ビタミンAとビタミンEを併用して経口投与することで、目のレーザー手術の回復が促進されるようです。
出産後の合併症 産後の女性が栄養失調の場合には、ビタミンAを摂取することで下痢及び発熱のリスクが低下する可能性があります。
妊娠中に合併症 妊娠中の女性が栄養失調の場合には、ビタミンAを摂取することで、死亡及び夜盲のリスクが低下する可能性があります。
網膜色素変性症 研究により、ビタミンAの摂取によって網膜の損傷を引き起こす眼疾患の進行が抑制されたことが示唆されています。

 

有効性が期待できない内容
  • 乳幼児の気管支肺異形成症のリスク低下
  • 化学療法における胃腸に対する副作用軽減
  • 胎児・産後の乳児の死亡リスク低下
  • 黒色腫の無病生存率の上昇
  • 妊娠前・妊娠初期の流産・死産のリスク低下
  • 変形性関節症の痛みの軽減
  • 結核の症状改善、死亡のリスク低下
  • 頭頚部がんの新たながん発症リスク低下、生存率の上昇
  • HIV母子感染リスク低下
    (HIV感染者の母親が、ビタミンAを投与して母乳を与えると子供への感染するリスクが高まることは示唆されています)
  • 発展途上国の肺炎の治療と予防効果

 

科学的根拠が不十分な内容

アルコール性肝疾患、貧血、子宮頸がん、小児の発育、慢性骨髄性白血病、放射線治療に起因する直腸の損傷、大腸がん、食道がん、HIV、肺がん、卵巣がん、全死亡率、膵がん、前立腺がん、胃がん、視力向上の促進、加齢黄斑変性症、緑内障、感染症の予防・回復促進、免疫機能の改善、創傷治癒、花粉症の症状改善など

サプリメント選びの指標

フィッシュリバーオイル由来(肝油):ビタミンDも肝油に含まれるため一緒のサプリメントになっている場合もあります

用法:脂溶性ビタミンであることから食後服用、ロドプシン生成、肌代謝の観点からも夕食後がオススメ

 

ビタミンA外用使用(美容皮膚科領域)

※図引用:Aケア協会

肌に含まれるビタミンAは91%がパルミチン酸レチノール酢酸レチノールなどのレチニルエステルです。その他の形態としては、レチノール、レチナール、レチノイン酸がそれぞれ3%ずつ含まれています。 これらの中で、パルミチン酸レチノールと酢酸レチノールは安定性が高く、肌への刺激が少ない形態となっています。※(3)

肌から浸透したビタミンAは、必要に応じてレチノイン酸に変換され細胞に働きかけますが、毎日のスキンケアでは、刺激の少ないレチニルエステルタイプのビタミンAの使用がおすすめです。

また、パルミチン酸レチノールは、SPF20の紫外線吸収効果と同等の効果持つという報告もあります。※(4)

※図引用:mediskin

ビタミンAの皮膚領域の効果の報告
  • 環境が引き起こすダメージに対する抵抗力が強まる
  • 紫外線を吸収して、強力な自然の紫外線防止剤として働き、DNAダメージを保護
  • 日焼けによる波型の隆起が回復
  • 環境が引き起こすダメージに対する抵抗力が強まる
  • 繊維芽細胞のDNAに特に作用し、コラーゲンの産生を促進
  • 繊維芽細胞がグルコサミノグリカン(GAG)を分泌するようになり、皮膚の保湿が増し、ハリが出て、シワが軽減
  • ヒアルロン酸の産生を増加
  • 日焼けした皮膚において、顕著なヒアルロン酸の増加
  • エラスチン繊維の質の向上と不良化したエラスチン繊維の除去
  • 皮膚より深い部分における血流を改善し、栄養素と酸素が皮膚に供給されやすくなる
  • 皮膚癌が有意に予防

※(5-13)

※これらの示した内容は、あくまで栄養補助を目的とした内容です。
使用量の推奨・安全性・効果を絶対的に保証するものではありません。
多くの方の学びとなるように、適正使用を促すように構成させていただいております。

 

【参考リンク】
※「統合医療」情報発信サイト
※健康長寿ネット
※Aケア協会

【参考文献】
※健康食品の世界標準オンラインデータベース『ナチュラルメディシン・データベース』(NMCD)
※ヘルシーエイジングに役立つサプリメント・健康食品―科学的根拠に基づいた適正使用のための情報 (元気と美しさをつなぐヘルシー・エイジング・シリーズ No. 3)

【参考論文】
※(1)川崎幸彦, et al. 麻疹および RS ウイルス感染症に対するビタミン A 補充療法の有効性について. 感染症学雑誌, 1999, 73.2: 104-109.
※(2)NAGATA, Takashi, et al. An all-trans-retinal-binding opsin peropsin as a potential dark-active and light-inactivated G protein-coupled receptor. Scientific reports, 2018, 8.1: 3535.
※(3)Desmond Fernandes, Retinyl palmitate,the ideal form of vitamin A for photoageing Aesthetic Dermatology Vol.19:1~10,2009
※(4)Antille, C., et al., Vitamin A exerts a photoprotective action in skin by absorbing ultraviolet B radiation. J Invest Dermatol, 2003. 121(5): p.1163-7
※(5)Goffin, V., et al., Topical retinol and the stratum corneum response to an environmental threat. Skin Pharmacol, 1997.10(2): p.85-9.
※(6)Gilchrest, B.A., A review of skin ageing and its medical therapy. Br J Dermatol, 1996. 135(6): p.867-75
※(7)Kang, S., The mechanism of action of topical retinoids. Cutis, 2005.75(2 Suppl):p.10-3; discussion 13.
※(8)Kafi, R., et al., Improvement of naturally aged skin with vitamin A(retinol). Arch Dermatol, 2007. 143(5): p.606-12.
※(9)Sayo, T., S. Sakai, and S. Inoue, Synergistic effect of N-acetylglucosamine and retinoids on hyaluronan production in human keratinocytes. Skin Pharmacol Physiol, 2004. 17(2): p.77-83.
※(10)Calikoglu, E., et al., UVA and UVB decrease the expression of CD44 and hyaluronate in mouse epidermis, which is counteracted by topical retinoids. Photochemistry and Photobiology, 2006. 82(5): p.1342-7
※(11)EL-Domyati, M., et al., Intrinsic aging vs. photoaging: a comparative histopathological, immunohistochemical, and ultrastructural study of skin. Exp Dermatol, 2002. 11(5): p.398-405.
※(12)Gilchrest, B.A., A review of skin ageing and its medical therapy. Br J Dermatol, 1996. 135(6): p.867-75
※(13)Lippman, S.M. and R. Lotan, Advances in the development of retinoids as chemopreventive agents. J Nutr, 2000. 130(2S Suppl): p.479S-482S.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です