ホリスティック・セルフケア 『薬屋さんの緑の薬箱講座』

――――――― ◆講座理念◆ ―――――――

『百病はみな気より生ず。病とは気病むなり。
ゆえに養生の道は気を調ふるにあり。
by貝原益軒

私は、この講座開設を通して自分の持っている知識・知恵・経験をおすそ分けして、自分の体調、家族の体調に異変を感じたときに自分と家族の「お守り」になるようなお手当のやり方をお伝えします。これによって受講された方々各々の生活環境に合ったお手当の仕方をご自身で考えて、選んで、癒すことを気軽に取り入れられるようにします。

そのため、私の講師としての最終的な目標は、症状を癒すことができる「お守り」を受講者様が発見すること、また依存しないことが一番の目標です

――――――― ◆講座概要◆ ―――――――

自然療法ごとの解説と実物を使ったワークショップがメインの講座です

 

【1日目】
1部:①ホメオパシー(ヨーロッパ版同種療法) 
  • ホメオパシーの基本解説
  • ホメオパシーの使い方
  • ホメオパシーキットの42レメディのマテリア・メディカの解説
  • 症状から見たレメディ選択(セルフケアレベル)
  • 波動医学の話(メタトロンにも関係あり)
2部:②漢方(中国版・旧日本版同種療法)
  • 漢方の基本的な考え方
    (中医学と和漢の違い・実虚・熱寒・気血水・陰陽
  • 漢方処方の漢字から分かること
    (例:○○湯・○○散・○○丸・○○料)
  • 漢方の正しく効果を引き出す使い方
  • 症状不調から見た漢方薬の選び方
  • 漢方を生薬から調合して実際に煎じて飲んでみる
【2日目】
1部:③フラワーエッセンス(心と魂の癒し)
  • フラワーエッセンスの基本解説
  • フラワーエッセンスの使い方(バッチフラワーレメディ)
  • バッチ以外のフラワーエッセンスについて
  • フラワーカードを用いた自己との対話
  • 症状から見たフラワーエッセンスの選択
2部:④ハーブ(体と心の癒し)
  • 症状・不調から見たハーブティーの選び方
  • ハーブティーとエレメント
  • ハーブティーのブレンド体験

※自分でブレンドしたハーブティープレゼント

【3日目】
1部:⑤ジェモセラピー(ヨーロッパの蕾療法)
       
  • ジェモセラピーの基本解説
  • ジェモセラピーの使い方
  • 症状から見たジェモセラピー選択
2部:⑥アロマ・クレイ
(芳香療法と粘度療法)
  • 症状・不調から見たアロマとクレイの選び方
  • アロマと星座
  • 化粧品の毒性
  • アロマクレイパック作り

※自分で作ったアロマクレイパックをプレゼント

料金表

講座内容は当日多少変更することもございます
ご了承くださいませ

※申し込みする前に※
この講座では7つの自然療法を実際に触れたり、体験できるものはしていただきますが、それぞれの自然療法の使用・購入を講師・スタッフから促すようなことは致しません
購入するための道筋をお伝えするくらいに限らせていただきまして、実際に取り入れてみるかどうかは受講者の判断にゆだねさせていただきます

【問い合わせ先】

holistic.hc.labo0826@gmail.com