薬に頼りすぎない体・心の健康と生き方

【日時】

準備中

平均寿命と健康寿命

65歳以上の男女が90歳まで生きる可能性が

男性で4人に1人、女性で2人に1人と言われる時代になってきました。

また、生まれた赤ちゃんの平均寿命100歳を超える日はそんな遠くない未来です。

今生きている私たちも100歳前後まで生きる方が増えていきます。

そうなったときに、大切になってくるのが「健康寿命」です。

「健康寿命」とは、生活に支障なく自立して生活できている年齢を意味します。
2015年における日本の平均寿命は、男性が80.75歳、女性が86.99歳です。

最近では、女性は90を超えているとも言われております。

平均寿命と健康寿命の間には、男性で約9年(71.19歳)、女性で約13年(74.21歳)の差があります。

これは、長寿国でありながら、健康寿命が短い国として世界ではワーストに入るほどです。

これで人生100年ということになれば、残りの30年近くを寝たきり、介護で自由にやりたいことも、生きたい場所へも行けなくなってしまいます。

そんな人生は、誰しも望んでいないと思います。

皆、元気で明るい毎日を生きて、最後は安らかに亡くなりたいと願っています。

今こそ健康について見直すとき

健康と言っても結構抽象的なもので

たとえ、どんな専門家でも健康から病気へは知らない間に移行してしまうものです。

多くの方が、図のような西洋医学的な健康と病気の概念で生活していると思います。

それをもう少し詳細にしたホリスティック医学の見方ができたら

もう少し自分が健康でいることって何なのかを理解しやすくなるのではないでしょうか?

あなたのいう健康ってどこなんですか?

あなたの目指す姿

体や心に不調を抱えていた状態からちょっとした健康管理の意識を持ったことで、人生までもが好転した事例があります。

健康に意識を向けることは、自分の体と心を癒すことです。

それはつまり、自分を好きになれないとできないことなのです。

そして、自分が好きになると狭まってしまった思考や意識を広げることにもつながります。

あなたの見える世界が一気に広がるのです。

健康から生き方を変えてみませんか?

私は目指すのは健康から自分の人生を生き、愛情溢れる人を増やすことです。

そんなあなたの姿に近づけるようにいたします。

そのための体・心の反応に意識を向けてみましょう。

こんな方にオススメ!

過重労働や見えないストレス、食習慣の欧米化のような社会環境と、自然環境が影響して、この世の中には私たちの体と心を乱す原因が多く存在します。
その結果、こんな不調を感じる人が増えています。

  • 朝起きるのがつらい
  • 肩が凝って仕方がない
  • 足がいつもつってしまう
  • 甘いものが止められない
  • お通じが全然来なくて心配になる
  • 前よりも生理痛がひどくなった
  • 頭痛が1週間に何度も来る
  • 休み時間はいつもボーっとしてしまう
  • 外に出かける気にもなれない

などなど

もし、このようなことが1つでもあるあなたこそ変わるチャンスです!

開催要項

【日時】

準備中

【講座費】

3500円(事前入金)

少人数の予定ですので、たくさん質問できるようにします。

【場所】

渋谷駅周辺参加される方に限り開催1週間前までには場所を開示します。

講師紹介

薬剤師 宮本知明
都内の総合病院で薬剤師を経験。薬の現状に疑問を感じ、個人を焦点に当てた医療に興味を持つ。ホリスティック医学・マインドフルネスと出会い「体・心・魂」の三位一体の健康から生き方まで発信し研究している。

参加条件・参加のルール

医療・健康・美容に興味がある方

今以上に自分を好きになれるようになりたい方

キャンセルポリシー

申し込み後1週間以内に振り込みお願いいたします。
セミナー1週間前でしたら全額返金いたします。
それ以降は、受付できませんのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク
アフィリ2
アフィリ2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする